ホーム > 書籍検索
1~10件 (全15件) | 1 |  2  | 次の10件
歴史の哲学
書名 歴史の哲学
シリーズ シリーズ哲学・思想・倫理 >  双書エニグマ
概要 物語論の限界を確定し、そこで見落とされてきた歴史の構造を浮き彫りにすることによって物語論にかわる新たな歴史の哲学を素描する。
著者、編者、訳者など 貫成人
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19918-1
出版年月 2010年8月
判型・ページ数 四六判・276ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

このページのトップへ

時間と絶対と相対と
書名 時間と絶対と相対と
副書名 運命論から何を読み取るべきか
シリーズ シリーズ哲学・思想・倫理 >  双書エニグマ
概要 過去・現在・未来はひと続きなのか。「私達」は絶対的か相対的か。「時間と相対主義」をめぐる思索の先で運命論が立ち上がってくる。
著者、編者、訳者など 入不二基義
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19917-4
出版年月 2007年9月
判型・ページ数 四六判・308ページ
定価 本体3,100円+税
在庫 在庫僅少
 

このページのトップへ

自己欺瞞と自己犠牲
書名 自己欺瞞と自己犠牲
副書名 非合理性の哲学入門
シリーズ シリーズ哲学・思想・倫理 >  双書エニグマ
概要 非合理性が日常にもたらすつまずきやほころびを丹念に解きほぐし、私たちの行為を新しい観点から捉える一風変わった哲学入門。
著者、編者、訳者など 柏端達也
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19916-7
出版年月 2007年2月
判型・ページ数 四六判・292ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

このページのトップへ

言葉と心
書名 言葉と心
副書名 全体論からの挑戦
シリーズ シリーズ哲学・思想・倫理 >  双書エニグマ
概要 語られたことはどうして理解できるのか。言語哲学と心の哲学の二つの領域に跨がる「意味と信念」を考え課題を整理した中級の入門書。
著者、編者、訳者など 中山 康雄
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19915-0
出版年月 2007年1月
判型・ページ数 四六判・256ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 

このページのトップへ

原因と理由の迷宮
書名 原因と理由の迷宮
副書名 「なぜならば」の哲学
シリーズ シリーズ哲学・思想・倫理 >  双書エニグマ
概要 現代哲学で取りあげられる題材に即しつつ、原因や理由という根拠がどうしても不確実でしかありえないことを論じる。
著者、編者、訳者など 一ノ瀬正樹
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19914-3
出版年月 2006年5月
判型・ページ数 四六判・320ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 重版中
 

このページのトップへ

ダメットにたどりつくまで
書名 ダメットにたどりつくまで
副書名 反実在論とは何か
シリーズ シリーズ哲学・思想・倫理 >  双書エニグマ
概要 ダメット哲学の入門書。反実在論の根本にあるフレーゲと直観主義の解釈から始める。議論のつながりが見えてくればダメットは面白い。
著者、編者、訳者など 金子洋之
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19913-6
出版年月 2006年4月
判型・ページ数 四六判・264ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

このページのトップへ

人間科学の哲学
書名 人間科学の哲学
副書名 自由と創造性はどこへいくのか
シリーズ シリーズ哲学・思想・倫理 >  双書エニグマ
概要 科学的な決定論と人間の自由の対立は、脳科学等の台頭によって、現代においてこそいっそう先鋭な問題になっている。
著者、編者、訳者など 山口裕之
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19912-9
出版年月 2005年12月
判型・ページ数 四六判・264ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

このページのトップへ

環境に拡がる心
書名 環境に拡がる心
副書名 生態学的哲学の展望
シリーズ シリーズ哲学・思想・倫理 >  双書エニグマ
概要 心は主体だろうか?ギブソンの存在論に依拠しながら、心の個体主義・中央参謀本部理論・心身分離の前提を覆す新しい主体概念を示す。
著者、編者、訳者など 河野哲也
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19911-2
出版年月 2005年6月
判型・ページ数 四六判・272ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

このページのトップへ

人称的世界の倫理
書名 人称的世界の倫理
シリーズ シリーズ哲学・思想・倫理 >  双書エニグマ
概要 私から見た世界と他人の見た世界とは違っているだろう。本書は私と他人の織りなす世界を人称的世界と呼びそれを倫理の基礎に据える。
著者、編者、訳者など 大久保正健
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19910-5
出版年月 2005年2月
判型・ページ数 四六判・224ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 

このページのトップへ

共同性の現代哲学
書名 共同性の現代哲学
副書名 心から社会へ
シリーズ シリーズ哲学・思想・倫理 >  双書エニグマ
概要 社会が存立しているとはどういうことか。哲学では行為や心を個人単位で取上げることが多かったが社会を扱えるように議論を拡張する。
著者、編者、訳者など 中山 康雄
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19909-9
出版年月 2004年11月
判型・ページ数 四六判・240ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 

このページのトップへ

1~10件 (全15件) | 1 |  2  | 次の10件