ホーム > 書籍検索
2018 | 07月 | 08月
1~10件 (全26件) | 1 |  2  |  3  | 次の10件
教師の責任と教職倫理
書名 教師の責任と教職倫理
副書名 経年調査にみる教員文化の変容
概要 「教師の責任」を社会的・文化的文脈で分析しつつ、教職倫理の問題を、日本の学校文化・教員文化の動態として実証的に解明する。
著者、編者、訳者など 久冨 善之 編著
長谷川 裕 編著
福島 裕敏 編著
ジャンル 教育・心理
ISBN 978-4-326-25127-8
出版年月 2018年7月
判型・ページ数 A5判・512ページ
予価 本体5,500円+税
 

このページのトップへ

シビックテック
書名 シビックテック
副書名 ICTを使って地域課題を自分たちで解決する
概要 地域に貢献したいエンジニア、地域をより良くしたい行政関係者必読! 子育て、雪かき、PM2.5などなど…IT技術で解決しよう!
著者、編者、訳者など 稲継 裕昭 編著
鈴木 まなみ
福島 健一郎
小俣 博司
藤井 靖史
ジャンル 社会・女性
政治
ISBN 978-4-326-30269-7
出版年月 2018年7月
判型・ページ数 A5判・160ページ
予価 本体1,800円+税
 

このページのトップへ

意思主義をめぐる法的思索
書名 意思主義をめぐる法的思索
概要 当事者の意思を最大限に尊重し、所有権移転の原因となる諸契約の成立やその効果を根拠づける「意思主義」とは何か。
著者、編者、訳者など 今村 与一
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-40358-5
出版年月 2018年7月
判型・ページ数 A5判・368ページ
予価 本体5,800円+税
 

このページのトップへ

家事法の理論・実務・判例2
書名 家事法の理論・実務・判例2
概要 研究者、裁判官、弁護士が家事法の当面する問題を分析、実務と法理論との架橋を確かなものとし将来の法制度を展望する、年報第2号。
著者、編者、訳者など 道垣内 弘人
松原 正明
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-44965-1
出版年月 2018年7月
判型・ページ数 A5判・264ページ
予価 本体4,000円+税
 

このページのトップへ

現象学入門
書名 現象学入門
副書名 新しい心の科学と哲学のために
概要 フッサールから現代の身体性認知科学へ――現象学という思想的潮流は心の科学とどう結びついて展開してきたのか。歴史と展望を示す。
著者、編者、訳者など ステファン・コイファー
アントニー・チェメロ
田中 彰吾
宮原 克典
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-10268-6
出版年月 2018年7月
判型・ページ数 A5判・312ページ
予価 本体3,300円+税
 

このページのトップへ

信頼を考える
書名 信頼を考える
副書名 リヴァイアサンから人工知能まで
概要 ホッブズにはじまり、20世紀アメリカで盛んになった信頼研究。様々な研究分野にまたがって行われている信頼研究の見取り図を作る!
著者、編者、訳者など 小山 虎 編著
ジャンル 哲学・思想・倫理
社会・女性
ISBN 978-4-326-10270-9
出版年月 2018年7月
判型・ページ数 A5判・372ページ
予価 本体4,700円+税
 

このページのトップへ

1~10件 (全26件) | 1 |  2  |  3  | 次の10件