ホーム > お知らせ > 第16回図書館総合展フォーラム「専門書出版社と大学図書館」

第16回図書館総合展フォーラム「専門書出版社と大学図書館」

第16回図書館総合展フォーラム
「専門書出版社と大学図書館-研究・教育、知の再生産のために、今できること-」

 第16回図書館総合展にて、勁草書房が所属する人文会の主催により、
図書館関係者様を対象としたフォーラム「専門書出版社と大学図書館」を開催します。
概要・お申し込み方法は下記のとおりです。

 ●内容
人文社会系の専門書出版社にとって大学図書館は、研究者・学生へ
書籍を提供する場であるともに、出版事業を継続していくうえでも重要な存在です。
とりわけ昨今の「出版不況」において、学術書の販売部数が減少していくなかにあって、
出版社が大学図書館を意識する局面がますます増しているように思えます。
本フォーラムでは新刊販売部数、図書館の所蔵、利用の状況、お互いの要望などを端緒に、
知の再生産を維持・拡大するために取り組むべきことなどについて議論したいと思います。

●日時
2014年11月7日(金)10:30-12:00 

●場所 
図書館総合展 展示会場内(パシフィコ横浜 展示ホール)

●定員
400名(ご予約先着順・入場無料)

●講師
田村俊作(慶應義塾大学メディアセンター所長)
加藤信哉(筑波大学附属図書館副館長)
江草貞治(有斐閣代表取締役社長)
持谷寿夫(みすず書房代表取締役社長)

●主催
人文会
歴史書懇話会 

●お申し込み方法
下記ページより受け付けしています。
http://2014.libraryfair.jp/node/2162
※本フォーラムに参加するには、図書館総合展への入場が必要です。
図書館総合展への入場方法は下記、公式サイトをご覧ください。

●第16回図書館総合展公式サイト
http://2014.libraryfair.jp

皆様のお来場をお待ちしております。

当イベントは終了しました。ご来場ありがとうございました。

このページのトップへ