ホーム > お知らせ > 2014年1月 愛読者カード

2014年1月 愛読者カード

ラッセル
30才
『ドイツ社会主義』『ロシア共産主義』を読みラッセルの分析力に驚かされました。ラッセルの論理学・数学の入門書はありますが、思想の全体像を描いた本は少ないように思います。その中でも本書はトップクラスです。

フランス暮らしと仕事の法律ガイド
39才 翻訳者
ポイントごとに分かり易く説明されていて良い。

昔ガヨカッタハズガナイ
36才 会社員
現代の息苦しい世の中の本質を見抜いているのがこの本の中から感じられます。嘘の多い世の中に流されず、本質を知ろうと勉強なさっている筆者の気迫をしみじみと感じます。

少国民戦争文化史
70才 介護/ガイドヘルパー
この国を戦時体制へと導いて行った道筋が児童文化を中心に克明に綴られています。もし、自分があの時代に生きていたら ―おそらく、いや間違いなく「皇国少年」になっていたでしょう。国民に対する国家権力による誘導や統制は教育文化面から始まる― おそろしいことだと改めて思いました。

クラウド時代の著作権法
37才 会社役員
クラウドに関する法的問題を拡く扱っている名著であると考える。執筆者も期待する人気の先生方だし、テーマも良い。

ヒトは病気とともに進化した
77才 医師
超高齢化社会へ進みつつある現代において、そもそも病気とは何か?(特に精神病)を考える上で一般の人にも解りやすい好著である。

オバマの医療改革
77才 コンサルタント
少々難しかったが米国の現状はよく理解できた。今後のオバマケアを注目してみつめたい。

ドゥオーキン
38才 会社員
ドゥオーキンを読み 感じる所がたくさんあり 平等・法・正義などの本質を少し理解できるようになった

このページのトップへ