ホーム > お知らせ > 「声と文学」

「声と文学」

この場で、皆さんに体験していただきたいのは、言葉が、詩が、物語が生まれ、誰かに届く瞬間です。朗読と翻訳の秘訣と魅力に触れることができるはず。
参加する皆さんも、言葉を生みだす一人となり、受け取る誰かとなるでしょう。
詩人と翻訳家が織りなすひとときに、ぜひお越しください。

【日時】2013年7月7日(日)10:00~12:00
【場所】KITTE4階 マルノウチリーディングスタイル
    (東京駅丸の内口より徒歩1分、東京中央郵便局併設。千代田区丸の内2-7-2)
【定員】60名(要事前申込。6月28日必着。応募者多数の場合は抽選。
 中学生、高校生は優先して受付します)
【参加費】無料
【申込方法】FAX 03-5211-7285 またはE-mail info@jpic.or.jp宛てに
 「声と文学」申込と明記して、以下①~⑥をご記入の上、お送りください。6月28日必着。
 ①氏名(フリガナ)、②年齢、③学校名、④〒・住所、⑤TEL・FAX、⑥メールアドレス(あれば)
 *申込の情報は主催者からの参加通知の発送ならびに読書推進情報の提供に利用します。
 *申込者には当選落選に関わらず通知します。

【講師】
管啓次郎:詩人、明治大学教授。著書に『コロンブスの犬』(河出文庫)、詩集に『海に降る雨 Agend'Ars3』(左右社)など。翻訳に『星の王子さま』(サン=テグジュペリ、角川文庫)など。編著にアンソロジー『ろうそくの炎がささやく言葉』(勁草書房)。

柴田元幸:翻訳家、東京大学教授。翻訳に『ムーン・パレス』(P・オースター、新潮文庫)、『メイスン&ディクスン』(T・ピンチョン、新潮社)、『こころ朗らなれ、誰もみな』(ヘミングウェイ、スイッチパブリッシング)など。著書に『翻訳教室』(朝日文庫)、『つまみぐい文学食堂』(角川文庫)など。

【主催】:一般財団法人出版文化産業振興財団(JPIC) 
【協力】:勁草書房、マルノウチリーディングスタイル
  子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)助成活動
【問い合わせ】JPIC TEL 03-5211-7282(月~金9時~17時)E-mail info@jpic.or.jp
       http://www.jpic.or.jp/

フライヤー(PDF)はこちら

声と文学

当イベントは終了しました。ご来場ありがとうございました。

このページのトップへ

関連書籍

ろうそくの炎がささやく言葉

ろうそくの炎がささやく言葉

管啓次郎・野崎歓編

著者:管 啓次郎
野崎歓
 
 

このページのトップへ