ホーム > お知らせ > 2012年12月 愛読者カード

2012年12月 愛読者カード

社会科学の世界
男性 18才 大学生
社会の成り立ちと制度について深く知ることができ、大変有用な本でした。

系統農会と近代日本
男性 48才 団体職員
戦前日本の農会が現在の欧州農会と大変似ていたことがよりはっきりして随分視野が開けました。

上野千鶴子に挑む
55才 会社員
「人を残すは上」と言いますが、素敵な人たちを育てていたんですね。
どん欲な好奇心、軽いフットワーク、批判を恐れぬ発言、誤りをあっさり認める潔さ、
「社会学なんて時代と共にある学問なんだから、仕方ないじゃん」とでも言いたげな見事な開き直り、
皆さんの文章から溢れ出ています。

このページのトップへ