ホーム > お知らせ > ヒロ・ヒライ×山本貴光『錬金術の秘密』(勁草書房)刊行記念イベント

ヒロ・ヒライ×山本貴光『錬金術の秘密』(勁草書房)刊行記念イベント

ヒロ・ヒライ×山本貴光「歴史学と科学から読みとく錬金術」
L・M・プリンチーペ『錬金術の秘密:再現実験と歴史学から解きあかされる「高貴なる技」』(勁草書房)刊行記念

【日時】2018年9月8日(土)15:00~17:00(14:30開場)
【場所】下北沢 本屋B&B(http://bookandbeer.com/map/
【入場料】前売1,500yen + 1 drink order 当日店頭2,000yen + 1 drink order
【参加方法】下記ページよりご予約いただけます。
【お申込】https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01ppzhzr8kp4.html
【お問い合せ】03-6450-8272

哲学と歴史を架橋し、テクスト成立の背景にあった「知のコスモス」に迫るインテレクチュアル・ヒストリー。その魅力を紹介する「bibliotheca hermetica(ヘルメスの図書館)」叢書の第5回配本は、『錬金術の秘密:再現実験と歴史学から解きあかされる「高貴なる技」』(8月末刊行)です。

「錬金術」と聞いて、どんなイメージをもちますか? 魔術? 偽科学? オカルト? ファンタジー? 本書では、怪しげなイメージがつきまとう錬金術について、そもそもの基礎にある化学・医薬的な技術とその発展過程、ある時代に詐欺や魔術と誤解・断罪されていく経緯、暗号化されたテクストの読解、錬金術師たちの社会的な評価、文学や演劇、宗教との関係、背景となる自然観や人間観などを通し、科学史と文化史に占めている重要な地位を示します。また実験を再現し、実際にはどんな操作が行われていたのかを解明しています。

イベントでは、ゲーム作家で『「百学連環」を読む』の山本貴光さんをお相手に迎え、本書の訳者でありBH叢書監修のヒロ・ヒライさんと、錬金術について、たっぷり語っていただきます。

【出演者】
ヒロ・ヒライ
ルネサンス思想史。Early Science and Medicine誌学術顧問。学術ウェブサイトbibliotheca hermetica(略称BH)を主宰。リール第三大学にて博士号(哲学・科学史)取得。著作にMedical Humanism and Natural Philosophy (Brill, 2011)。編著に『知のミクロコスモス』(中央公論新社、2014年)ほか。

山本貴光(やまもと・たかみつ)
文筆家、ゲーム作家。「哲学の劇場」主宰。慶應義塾大学環境情報学部卒業。著書に『文体の科学』『「百学連環」を読む』『文学問題(F+f)+』、共著に『脳がわかれば心がわかるか』(吉川浩満と)『高校生のためのゲームで考える人工知能』(三宅陽一郎と)、訳書にサレン、ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』、メアリー・セットガスト『先史学者プラトン』(吉川浩満と共訳)など。

このページのトップへ