ホーム > お知らせ > 〈書物復権〉2018 共同復刊 復刊書決定

〈書物復権〉2018 共同復刊 復刊書決定

第22回目を迎える〈書物復権〉共同復刊、皆様からのリクエストをもとに勁草書房では以下の書籍を5月中旬に復刊いたします。

『ことばと対象』 W.V.O.クワイン/大出晁・宮館恵訳 本体4,700円+税
『ベーシック・インカムの哲学』 フィリップ・ヴァン・パリース/後藤玲子・齊藤拓訳 本体6,000円+税
『「ゲイコミュニティ」の社会学』 森山至貴 本体4,500円+税
『映画にとって音とはなにか』 ミシェル・シオン/川竹英克・J.ピノン訳 本体3,500円+税
『責任の意味と制度』 瀧川裕英 本体3,500円+税

全10社の復刊書は下記特設サイトでご覧いただけます。

紀伊國屋書店のサイトはこちら
https://www.kinokuniya.co.jp/c/fukken2018/

復刊ドットコムのサイトはこちら
http://www.fukkan.com/list/isearch/?tagid=9511


今年の復刊書は、全国の主要書店店頭で5月18日以降、順次販売を開始しています。
〈書物復権〉開催書店の一覧は下記をご覧ください。

2018年〈書物復権〉共同復刊開催書店(PDF)

※開催時期・規模は書店によって異なります。詳しくは各書店までお問い合わせください。

このページのトップへ