ホーム > お知らせ > 図書館総合展フォーラム「海を渡る日本の“学術書”」

図書館総合展フォーラム「海を渡る日本の“学術書”」

当イベントは終了しました。ご来場ありがとうございました。

第17回図書館総合展フォーラム
「海を渡る日本の“学術書”~北米研究図書館の電子化報告を受けて~」

11月10日(火)~12日(木)にパシフィコ横浜で開催される
第17回図書館総合展で、フォーラム「海を渡る日本の“学術書”」を開催します。
概要・お申し込み方法は下記のとおりです。

●日時
2015年11月12日(木)10:30-12:00

●場所
図書館総合展 展示会場内(パシフィコ横浜 展示ホール)

●定員
400名(ご予約先着順・入場無料)

●発表者
基調報告:野口幸生(コロンビア大学C.V.スター東亞図書館)
パネリスト:永﨑研宣(人文情報学研究所)
パネリスト:田中政司(ネットアドバンス ビジネスセンター センター長)
パネリスト:井村寿人(勁草書房代表取締役社長)
コーディネーター:橋元博樹(東京大学出版会営業局長)

●内容
北米において日本研究を支えている「日本研究図書館」は、
それぞれの大学図書館に附属し、長い間、日本語資料を
収集、分類、保存、提供してきたが、この日本研究図書館もまた
昨今のデジタル化のなかでその対応をせまられている。
とはいうものの、同じアジア研究の分野でも、大量の電子学術書への
アクセスが可能となっている中国語、韓国語のコレクションと比較して、
日本語学術書の電子コレクションはまだ少ない。
一方、いちはやく英文図書の電子化にとりくんできた北米研究図書館(本館)では、
これまでの10数年の経験に基づいた、reviewの時期を迎えているという。
本フォーラムでは、北米の日本研究図書館で長く勤務されている
野口幸生氏をお招きして、日本の関係者との討議を行う。
コロンビア大学図書館(本館)の電子化の経験と反省を踏まえ、
ご自身が勤務される日本研究図書の課題についてお話いただく。
そうした経験と反省と課題を、日本語学術書の電子化に携わる
関係者と共有しながら、その展望を探る。

●主催
人文会/歴史書懇話会/大学出版部協会

●お申し込み方法
下記ページより受け付けしています。
http://www.libraryfair.jp/forum/2015/1885

※本フォーラムに参加するには、図書館総合展への入場が必要です。
図書館総合展への入場方法は下記、公式サイトをご覧ください。

●図書館総合展公式サイト
http://www.libraryfair.jp/

皆様のご来場をお待ちしております。

このページのトップへ