ホーム > お知らせ > 『テクストの擁護者たち』刊行記念イベント

『テクストの擁護者たち』刊行記念イベント

『テクストの擁護者たち』刊行記念イベント

ヒロ・ヒライ×福西亮輔×久保田静香
「テクストと学問の歴史、そして人文学の意味」
『テクストの擁護者たち:近代ヨーロッパにおける人文学の誕生』(勁草書房)刊行記念

哲学と歴史を架橋し、近代以前の“知のコスモス”に分野横断的に迫るインテレクチュアル・ヒストリー。
その魅力を紹介する「bibliotheca hermetica(ヘルメスの図書館)」叢書の第3回配本は、
ルネサンス研究の泰斗アンソニー・グラフトンの主著『テクストの擁護者たち』(8月中旬刊行予定)です。

ルネサンス期に成立した人文学は、ホメロスをはじめとする古代ギリシア・ローマの詩や物語、
聖書などの古典テクストを読み解いていく学問ですが、古典といわれるものがはじめからあったわけではありません。
どれが、どのような基準で選ばれ、残り、古典とされていったのか、
その「テクストの科学」の歴史を辿るのが『テクストの擁護者たち』です。

その際、グラフトンは歴史を非合理から合理へとむかう単線的な発展とはとらえません。
現代的な価値観から知の山脈を形成する山頂群、つまり「巨人たち」を点と点で結んでいくような記述をとらず、
そうした巨人たちの陰に隠れていた、しかし歴史上では重要な働きをした人物たちに光をあてていくことで、
当時の混沌かつ豊かな知的環境を描きだします。

また、こうした個別的な事例を丁寧にみていくことと並行して、グラフトンは普遍的な問題――古典から時空を超えた不朽のメッセージを
読みとるべきか、それとも古典を歴史の産物として距離感をもって臨むべきか――を提起し、
人文学者たちの知的格闘の歴史と成果を明らかにしていきます。

今回は、叢書監修者のヒロ・ヒライさん、訳者の福西亮輔さんにくわえ、グラフトンの作品を愛する久保田静香さんをゲストに迎え、
三人でトークをおこないます。インテレクチュアル・ヒストリーに新たな時代をもたらしたといわれるグラフトン流のテクストの読み方、選び方、読書・研究の進め方や翻訳の裏話など、まったく新しい歴史の世界が見えてくる楽しい会になるでしょう。さらに昨今の国立大学における人文学廃止の論争・危機に関して、人文学の価値とは何か、その起源をさぐる本書をヒントに、歴史家の観点からもお話いただきます。

【日時】2015/8/23(日)15:00~17:00 (14:30開場)
【場所】本屋B&B 世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
【入場料】1500円+ 1ドリンク500円
【お申し込み方法】下記の関連リンク先ページよりお申し込みください
【関連リンク】http://bookandbeer.com/event/20150823_bt/ 

【登壇者プロフィール】
ヒロ・ヒライ
ルネサンス思想史。Early Science and Medicine 誌編集補佐。学術ウェブ・サイト bibliotheca hermetica(略称 BH)を主宰。フランスのリール第三大学にて博士号(哲学・科学史)取得。現在、オランダ・ナイメーヘン大学研究員。著作にMedical Humanism and Natural Philosophy: Renaissance Debates on Matter, Life and the Soul (Brill, 2011)、編著に『ミクロコスモス』(月曜社、2010年)など。ほかに英仏伊語による著作・論文多数。2012年に第九回日本学術振興会賞受賞。

福西亮輔 (ふくにし・りょうすけ)
哲学・思想史。1981年生まれ。東京都立大学大学院修士課程修了。修士(文学)。現在は、高等学校教諭として地理歴史・公民を教えている。おもな関心領域は、マルシリオ・フィチーノやジョルダーノ・ブルーノを中心とする15・16世紀ヨーロッパの哲学・思想史だが、最近はユダヤやイスラームをふくめた地中海世界の歴史・文化にも関心をひろげている。

久保田静香(くぼた・しずか)
フランス文学・思想。日本学術振興会特別研究員PD。法政大学および明治学院大学講師。パリ第四大学にて博士号(フランス文学文明)取得(2012年)。博士論文はDescartes et l’éloquence de la vérité : Les héritages jésuite et humaniste。現在は、ペトルス・ラムスを中心とした16・17世紀ヨーロッパにおける思想と言語の革新の諸相に関心をよせている。

当イベントは終了しました。ありがとうございました。

このページのトップへ