ホーム > お知らせ > マイナー社会学の愉しみ方 ルーマン、エスノメソドロジー、『概念分析の社会学』

マイナー社会学の愉しみ方 ルーマン、エスノメソドロジー、『概念分析の社会学』

紀伊國屋書店「じんぶんや」企画・新宿本店開催フェア「社会のブックガイド ルーマンからはじめる書棚散策」
開催に合わせまして、当フェアをプロデュースされた酒井泰斗さんと、北田暁大さんのトークイベント
「マイナー社会学の愉しみ方 ルーマン、エスノメソドロジー、『概念分析の社会学』」を4月6日(月)に開催いたします。


 今回の「じんぶんや」は、社会学に異様に詳しい会社員・酒井泰斗さんプロデュースによる「社会のブックガイド──ルーマンからはじめる書棚散策」です。酒井さんとルーマンに関心を持つ研究者、計8名による渾身の選書とブックガイド、ぜひ店頭でご覧ください。

 しばしばその理論内容に注目の集まりがちなニクラス・ルーマンですが、その理論は、様々な分野の 既によく知られている研究に寄生するかたちで作られています。今回のフェアでは、ルーマンがその理論形成の際に実際に参考とした著書を中心に選書していただきました。ルーマンの面白いところは、理論そのものではなく、むしろ膨大で多様な先行研究をどのように捌き・見通しを与えているのか、その関連づけのやり方にあると語る酒井さん。トークイベントでは、選書にご協力いただいた 社会学のプロフェッショナル・北田暁大さんから、筋金入りの素人・酒井泰斗さんに、ルーマンやエスノメソドロジーのどこをおもしろがっているのか等々を質問していただきながら、社会学の魅力・愉しみ方に迫ります。

【イベント概要】
場所  紀伊國屋書店新宿本店 9階特設会場
日程  2015年4月6日(月)19:00~20:30
登壇者 東京大学教授 北田暁大さん×酒井泰斗さん
定員  40名(立ち見になることもございますのでご了承くださいませ。)
申し込み方法 新宿本店3Fレジカウンター、電話受付承ります。電話番号 03-3354-5703
紀伊國屋書店特設ページはこちら

※定員に達しましたため締切りました。たくさんのお申込みありがとうございます。

【登壇者プロフィール】

酒井泰斗
ルーマン・フォーラム管理人(socio-logic.jp)。会社員。
大阪大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程中退。
音楽制作会社を経て現在は金融系企業のシステム部に所属。
専門はインターフェース・デザイン。関心分野は道徳哲学史、社会科学方法論争史など。
共著に、前田ほか編『ワードマップエスノメソドロジー:人びとの実践から学ぶ』(新曜社、2007)、
酒井ほか編『概念分析の社会学:社会的経験と人間の科学』(ナカニシヤ出版、2009)。
論文に、「社会システムの経験的記述とはいかなることか:意味秩序としての相互行為を例に」(『ソシオロゴス』31、小宮友根との共著)。

北田暁大
東京大学情報学環准教授。東京大学人文社会系研究科博士課程退学。博士(社会情報学)。
ルーマンには近寄りすぎず遠ざけすぎず、という距離を心がけてきましたが、何の研究をしても結局ルーマンの思考にどこか頼っています。
現在はアメリカ社会学の歴史を調べています。アートにも少しだけ関心が...。
著書に『広告の誕生』『責任と正義』『嗤う日本のナショナリズム』など。


酒井泰斗さんのフェア特設ページはこちら
また、朝日カルチャーセンター新宿では酒井泰斗さんによります講座
「ニクラス・ルーマン解読Ⅰ」が4月20日(月)より開講されます。
朝日カルチャーセンター講義概要はこちら 酒井泰斗さん講座特設ページはこちら

みなさまのご参加をお待ちしております。

当イベントは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

このページのトップへ