ホーム > 「個人的なもの」と想像力

「個人的なもの」と想像力

「個人的なもの」と想像力

人は心の自由な空間を生きることを止めない。それが生きるということである。無限の想像力、夢見る力は、つねに私たちのもとに在る。

著者、編者、訳者など 吉澤 夏子
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-65371-3
出版年月 2012年3月
判型・ページ数 四六判・216ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

「個人的なものの領域」とは親密な関係性が醸成される空間であり、「心の自由な空間」である。本書は理論的な側面と具体的な事例から他者と共存するために個人的なものを個人的なままに止めておくことの重要性を明らかにする。さらに個人的なものの核となるもの、私を私たらしめるものとしての「想像力」の在り方について考察する。

正誤表(PDF)

このページのトップへ

目次

まえがき

第一章 平等──自由で対等な関係
 1 社会的なものと平等
 2 個人的なものの領域──二つの力に抗して
 3 隠されなければならないもの
 4 愛の関係──マンビーとカルウィック
 5 個人的なことは、個人的である

第二章 尊厳──他者との共在の可能性
 1 グローバリゼーションとジェンダー
 2 「第二の母」という問題──育児と掃除
 3 公私区分の狭間で出会う女性たち──私的領域の特異性
 4 他者を尊重するということ
 5 自由な主体

第三章 反転──美という評価基準
 1 美醜をめぐる葛藤
 2 傷つく言葉
 3 心の中の問題

第四章 無限──虚構のリアル
 1 やおいとは何か──二つの特徴
 2 やおいの想像力──虚構としての性的身体
 3 妄想する私の不在──カップリングの快楽
 4 やおい的心性の共有──やおいとBL
 5 「アイドル」と現実──想像力の深さと拡がり
 6 女性同士の親密な関係性──やおい的心性の基盤

本書を結ぶにあたって/果てなきもの
あとがき
文献
索引

このページのトップへ