ホーム > 人間行動から考える地震リスクのマネジメント

人間行動から考える地震リスクのマネジメント

新しい社会制度を設計する

人間行動から考える地震リスクのマネジメント

自由放任主義(規制緩和)でも政府の介入主義(規制強化)でもない第三の施策“緩やかな介入主義”に基づいた新しい社会制度の設計。

著者、編者、訳者など 齊藤 誠 編著
中川雅之 編著
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-50363-6
出版年月 2012年3月
判型・ページ数 A5判・312ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

人々は地震リスクに目を背けているように見える。しかしほんのわずか人々にナッジする(働きかける)と、人々は瞬く間に地震リスクに真正面から向き合うようになる。本書は、こうした人間行動の機微を踏まえた"緩やかな介入主義"の考え方を住宅政策や防災政策に適用するとともに、行動経済学の研究手法をそれらの政策研究に応用する。

このページのトップへ

目次

謝辞

序章 住宅ストックの地震リスクマネジメント:等身大の人間行動を考えた制度設計に向けて[齊藤誠・中川雅之]
 1.はじめに
 2.“緩やかな介入主義”とは?
 3.ナッジ(nudge)をすれば……
 4.なぜ,規制基準ぎりぎりの住宅ばかりになるのか
 5.規制強化の不幸な帰結
 6.消費者自らがより高い耐震基準を選択する仕掛け
 7.室内の梁の突出感が気になる人,気にならない人
 8.自然災害リスクの程度を映し出す鏡としての地価
 9.コンテクストに左右される地震保険選択
 10.マンションを守るうえでのマンション管理組合の重要性
 11.大地震と子供たちの人的資本形成
 12.おわりに:当事者のインセンティブを高める仕組みづくり

第1章 建築基準審査厳格化の帰結:建築士労働市場を中心に[神林龍・川口大司・村尾徹士]
 1.はじめに
 2.日本の建築士
 3.建築基準法改正の影響
 4.おわりに
 参考文献

第2章 地域危険度の変化が地価水準に及ぼす非対称的な影響:東京都のケース[顧濤・中川雅之・齊藤誠・山鹿久木]
 1.はじめに
 2.地域危険度とその変化
 3.データと推定モデル
 4.推計結果の頑健性
 5.おわりに
 付録:非対称性が生じる理論的背景
 参考文献

第3章 活断層リスクの社会的認知と活断層帯周辺の地価形成の関係:上町断層帯のケース[顧濤・中川雅之・齊藤誠・山鹿久木]
 1.はじめに
 2.上町断層帯の地震リスク評価と活断層に対する関心の変化
 3.推計モデルと推計結果
 4.おわりに
 参考文献

第4章 浸水危険度公表が地価に与える影響:新川,境川,日光川流域のケース[齊藤誠・中川雅之・山鹿久木]
 1.はじめに
 2.分析の理論モデルと実証モデルの特徴
 3.データ
 4.推計モデルと推計結果
 5.係数の時系列変化
 6.おわりに
 参考文献

第5章 地震保険加入行動におけるコンテクスト効果[佐藤主光・齊藤誠]
 1.はじめに
 2.日本の地震保険制度
 3.2008年に実施した地震保険に関する消費者意識調査
 4.2009年に実施したアンケート調査について
 5.2009年アンケートの推計結果
 6.おわりに
 参考文献

第6章 家計向け地震保険加入率・付帯率の決定メカニズム:東京都のケース[齊藤誠・顧濤]
 1.はじめに
 2.地震保険世帯加入率・付帯率の決定要因
 3.分析結果のまとめ
 参考文献

第7章 プロスペクト理論とマンションの耐震性能の選択[中川雅之・齊藤誠]
 1.はじめに
 2.耐震性能の選択とプロスペクト理論
 3.データ
 4.耐震性能に関する選好
 5.建替え計画の選択
 6.選択者の選好の影響
 7.おわりに
 参考文献

第8章 耐震マンションを好む人はどこを見ているか:アイトラッカーを用いた研究[齊藤誠・竹内幹]
 1.はじめに
 2.普及しない耐震マンション
 3.調査の概要
 4.おわりに
 付録
 A.1 実験開始時に提示される文章
 A.2 アンケート内容
 A.3 資料「分譲価格について」
 A.4 耐震性評価額の質問
 参考文献

第8章補論 アイトラッキングの可能性[竹内幹]
 1.眼球運動(eye movement)
 2.注意と眼球運動の関係
 3.意思決定と眼球運動
 4.経済学における意義
 参考文献

第9章 マンション再生投資に関する実証分析[中川雅之・齊藤誠]
 1.はじめに
 2.データ
 3.再生投資額の決定に影響を与える要因
 4.管理費,修繕積立金の評価
 5.再生投資決定に関する実証分析
 6.おわりに
 参考文献

第10章 大災害は人的資本形成にどう影響するか?:四川大地震のケース[澤田康幸・パク,アルバート・汪三貴・王]
 1.はじめに
 2.調査対象地域とデータ
 3.分析枠組みとデータ解析結果
 4.おわりに

参考文献
索引
執筆者紹介

このページのトップへ