ホーム > 心と世界

心と世界

心と世界

経験の自然主義的理解が「哲学的不安」の根源であると主張し、自然の持つ規範性の回復を目指す。英米哲学の巨星の主著、待望の邦訳。

著者、編者、訳者など ジョン・マクダウェル
神崎繁
河田健太郎
荒畑靖宏
村井忠康
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-15421-0
出版年月 2012年3月
判型・ページ数 四六判・432ページ
定価 本体4,100円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

言語哲学や心の哲学における思索とアリストテレス倫理学の研究における洞察、哲学史全般への幅広い学識をもとに、道徳的実在論の立場から自然主義の見地の弊害を批判。心と世界の関係について知覚経験だけでなく行為や価値といった哲学全般にわたって精緻に論じる。デイヴィドソンと並ぶ英米哲学の重鎮による最重要著作、ついに刊行。神崎繁渾身の訳者解説つき。

このページのトップへ

目次

序文

序論

講義
 第一講義 概念と直観
 第二講義 境界なき概念領域
 第三講義 非概念的内容
 第四講義 理性と自然
 第五講義 行為・意味・自己
 第六講義 理性的動物とその他の動物

後記
 第一部 デイヴィドソンとその文脈
 第二部 第三講義補遺
 第三部 第五講義補遺
 第四部 第六講義補遺

原注
訳注
解説──「概念的なもの(the conceptual)」の位置[神崎繁]
参考文献
事項索引
人名索引

このページのトップへ