ホーム > リベラルな秩序か帝国か 下

リベラルな秩序か帝国か 下

アメリカと世界政治の行方

リベラルな秩序か帝国か 下

アメリカが築いてきた世界秩序、そして台頭する中国……私たちはどこに向かうのか? いまこそ注目すべき、戦後世界の起源と性質。

著者、編者、訳者など G・ジョン・アイケンベリー
細谷 雄一 監訳
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-35159-6
出版年月 2012年4月
判型・ページ数 四六判・280ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

いま最も注目されている国際政治学者、アイケンベリー教授の主著をついに完訳! 戦後、リベラリズムをもとに国際秩序をデザインしたアメリカ。アメリカによる秩序は、いま本当に揺らいでいるのか? なぜ戦後、この秩序はこれほどまで持続できたのか? 戦後世界政治の成り立ちと性質を、鋭く、深く、洞察する。

このページのトップへ

目次

第Ⅰ部 コンスティテューショナリズムとリベラルな覇権(承前)

第5章 アメリカのパワーと資本主義的なデモクラシーの帝国
 勢力均衡・覇権・アメリカ的なシステム
 安全保障同盟・市場・ドル
 地理的環境と歴史的段階
 制度・民主主義・戦略的な抑制
 近代化と市民的ナショナリズム
 おわりに

第Ⅱ部 単極構造と多国間主義

第6章 冷戦後の混乱という誤った通念
 「一九四五年秩序」は持続する
 二つのドクトリンについて
 リベラル・マニフェスト
 西側世界のコンスティテューション
 続くのは何か

第7章 覇権を正しく理解する
 成功に潜む危険
 アメリカのパワーが受け入れられる場合
 制度に関する取引を刷新する

第8章 テロ時代のアメリカのグランド・ストラテジー
 冷戦後の秩序──その現実と幻想
 アメリカ的システムの政治的基礎
 アメリカで競合するいくつものグランド・ストラテジー
 大国間協力の展望

第9章 アメリカの帝国的野心
 先制攻撃という誘惑
 証明された遺産
 アメリカがつくった歴史的取引
 新しいグランド・ストラテジー
 帝国という危険性
 古き秩序よ、再び

第10章 ネオコンの時代の終わり
 新しい原理主義
 なぜネオコンの思想は破たんしているのか
 長期にわたるダメージ

第11章 アメリカの多国間主義は衰退しているのか
 多国間主義とは何か
 さまざまな多国間主義
 単極的パワーと多国間主義
 多国間主義の源泉
 おわりに

監訳者あとがき
初出一覧

このページのトップへ

関連書籍

リベラルな秩序か帝国か 上

リベラルな秩序か帝国か 上

G・ジョン・アイケンベリー 著

 
 

このページのトップへ