ホーム > 非正規雇用のキャリア形成

非正規雇用のキャリア形成

職業能力評価社会をめざして

非正規雇用のキャリア形成

非正規雇用の職業能力開発はいかに行われているのか。その実態とキャリアとの関係を分析し、ジョブ・カード制度の活用を検討する。

著者、編者、訳者など 小杉 礼子 編著
原 ひろみ 編著
ジャンル 社会・女性
経済
ISBN 978-4-326-55069-2
出版年月 2011年12月
判型・ページ数 四六判・304ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

近年、非正規雇用者が増大しているものの、彼らのスキル・アップの機会は正規雇用者に比して著しく少ない。本書は、大規模調査によって非正規雇用者のキャリアパスや正社員への転換の現状、能力開発の実態を捉えるとともに、企業内訓練の効果を分析。さらに、正社員への移行支援政策としてのジョブ・カード制度の現状と課題を論じる。

このページのトップへ

目次

はしがき

序章 非正規雇用者のキャリア形成と政策対応[小杉礼子・原ひろみ]
 1 はじめに
 2 非正社員の企業内での職業能力開発の機会
 3 現在の非正規雇用者のキャリア展望
 4 非正規雇用から正社員へ――職業キャリアの概観

第Ⅰ部 非正規雇用の職業能力開発とキャリア形成の実態

第一章 職業への移行の脱標準化はいかに起こっているのか?[香川めい]
 1 はじめに
 2 働き方の履歴をパターンとしてとらえる
 3 離学コーホートによる離学後五年間のキャリア形成の違い
 4 初期キャリアの類型化
 5 初期キャリア類型の規定要因
 6 まとめ

第二章 非正規就業する若者が正社員へ移行する要因は何か――継続期間データを用いた規定要因分析[山本雄三]
 1 初職で非正規雇用者として就業する若年層の増加
 2 分析に用いるデータ、変数および記述統計
 3 計量分析の手法――継続期間分析
 4 初職非正規雇用者の正社員移行の規定要因――継続期間分析による推定結果とその検討

第三章 正社員への移行の実態と課題――内部登用の可能性[小杉礼子]
 1 はじめに
 2 先行研究の検討と分析課題の設定
 3 データの詳細
 4 分析結果――正社員への移行の実態
 5 まとめと考察

第四章 非正社員の企業内訓練の受講とその効果[原ひろみ]
 1 企業内訓練の現状
 2 分析目的と先行研究との関係
 3 分析対象について
 4 企業内訓練に関する変数
 5 企業内訓練の受講規定要因についての分析
 6 企業内訓練の受講の効果についての分析
 7 むすび

第Ⅱ部 ジョブ・カード制度の実態

第五章 正社員への移行支援政策としてのジョブ・カード制度の現状と課題[小杉礼子]
 1 はじめに
 2 有期実習型訓練制度実施企業の諸属性と制度導入の背景
 3 有期実習型訓練制度の運用の実態
 4 有期実習型訓練制度への企業の評価
 5 まとめ

第六章 教育訓練と職業能力評価の普及のために――ジョブ・カード制度の有期実習型訓練を事例として[原ひろみ]
 1 はじめに
 2 初めての訓練カリキュラムの作成について
 3 訓練の実施について
 4 評価について
 5 まとめ

終章 非正規雇用者のキャリア形成機会を拡大するために[原ひろみ]
 1 議論の前提
 2 正社員への移行と職業能力開発の機会拡大のために
 3 職業能力評価システムの構築に向けて――ジョブ・カード制度を取り上げて

あとがき
初出一覧
索引

このページのトップへ