ホーム > スタンレー・ホフマン国際政治論集

スタンレー・ホフマン国際政治論集

スタンレー・ホフマン国際政治論集

国際関係論の泰斗の代表的論文をオリジナル編集でついに邦訳。高坂正堯や永井陽之助にも影響を与えた珠玉の論考を多数収録。

著者、編者、訳者など スタンレー・ホフマン
中本義彦 編訳
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-30207-9
出版年月 2011年12月
判型・ページ数 A5判・480ページ
定価 本体4,700円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

半世紀以上活躍する国際政治学の大家スタンレー・ホフマンの厖大な論文のなかから、古典的価値を持つものを精選したアンソロジー。「ルソーの戦争・平和論」、「アメリカン・ソーシャル・サイエンス」、「響きと怒り」など、現代世界と学問を考えるうえで深い示唆を与える論考を多数収録。碩学の知性をあますことなく伝える。

このページのトップへ

目次

序論

第1章 世界政治をめぐる追想

第Ⅰ部 理論

第2章 国際関係論――理論への長い道のり

第3章 理論と国際関係

第4章 アメリカン・ソーシャル・サイエンス――国際関係論

第5章 国際政治におけるリアリズムとアイディアリズムを超えて

第Ⅱ部 思想

第6章 ルソーの戦争・平和論

第7章 レイモン・アロンと国際関係理論

第8章 へドリー・ブルとその国際関係論への寄与

第9章 理想的な世界――ジョン・ロールズの「諸人民の法」をめぐって

第Ⅲ部 秩序

第10章 国際システムと国際法

第11章 国際秩序は存在するか

第12章 新しい世界とその諸問題

第13章 世界秩序の迷妄

第14章 世界の光景

結論

第15章 響きと怒り――歴史における社会科学者対戦争

編訳者あとがき
初出一覧

このページのトップへ

関連書籍

世界政治

世界政治

J.メイヨール 著、田所昌幸 訳

 
 

このページのトップへ