ホーム > アジアの人権ガバナンス

アジアの人権ガバナンス [アジア地域統合講座][アジア地域統合講座]

アジアの人権ガバナンス

アジアにおける女性・子ども・障害者・難民・先住民族・エスニックマイノリティ等への人権保障は地域協力と地域統合につながるのか。

著者、編者、訳者など 勝間靖 編著
ジャンル 政治
経済
ISBN 978-4-326-54629-9
出版年月 2011年11月
判型・ページ数 A5判・276ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

戦後国際人権保障の枠組みは国連を中心に発展してきた。欧州、米州、アフリカにも地域的な人権レジームがあり、アジアでもASEANに人権監視機関を創設する動きがある。人身売買という特定分野ではメコン河流域5カ国がこの分野で世界初の地域協定を成立させた。このような背景をふまえ、アジアにおける人権ガバナンスの可能性を模索する。

このページのトップへ

目次

刊行にあたって[天児慧]
はじめに[勝間靖]
略語一覧表

第1部 国際人権規範の地域的な促進と実施

第1章 アジアにおける人権レジームの構築――グローバル人権規範の受容とASEAN人権委員会[勝間靖]
 第1節 国際人権レジームとは
 第2節 国連を基盤としたグローバルな人権レジームとアジア
 第3節 地域的な国際機構を基盤とした地域人権レジームとアジア
 第4節 アジアにおける国際人権レジームとネットワーク

第2章 女性の権利をめぐる東南アジアの地域的な取組み――ASEAN女性と子どもの権利委員会[中川香須美]
 第1節 女性の権利擁護へ向けた歴史的背景
 第2節 女性の権利擁護のための国際的な枠組み
 第3節 ASEANにおける女性の権利擁護のための取組み
 第4節 カンボジアにおける女性の権利擁護のための枠組み
 第5節 アジアにおける女性の権利擁護のための今後の課題

第3章 地域的子どもの権利保障メカニズムの実現に向けて――北東アジア子どもの権利革命宣言[森田明彦]
 第1節 北東アジアにおける子どもの権利保障の現状
 第2節 地域的子どもの権利保障メカニズム実現のための課題と戦略
 第3節 『北東アジア子どもの権利条約』の実現に向けて

第4章 アジア太平洋における障害者の人権――障害当事者による人権の確立を目指して[中西由起子]
 第1節 障害当事者団体のはたらき
 第2節 『障害者の権利条約』策定への貢献
 第3節 アジア各国における障害者差別禁止法
 第4節 「アジア太平洋障害者人権審査機関」設立構想
 第5節 障害者の権利推進のための新10年(2013~2022年)

第2部 人権の主流化とネットワーク形成

第5章 アジア開発銀行と人権――開発における人権の保障をめぐる現状と課題[藤田早苗]
 第1節 国際開発金融機関と人権に関する議論の潮流とアジア開発銀行
 第2節 加盟国の人権状況とアジア開発銀行(ADB)
 第3節 アジア開発銀行(ADB)の政策と人権の尊重・保障
 第4節 今後の課題

第6章 子どもの性的搾取に反対する国際ネットワークの形成――当事者を中心とした「子どもの権利」ガバナンスの模索[勝間靖]
 第1節 「子どもの権利」をめぐる国際規範とその実施
 第2節 グローバル化における子どもの商業的な性的搾取の現状
 第3節 国際NGOと国連との連携
 第4節 行為主体としての当事者――カンボジアの事例から
 第5節 東南アジアにおける「子どもの権利」ガバナンスの模索

第7章 難民の権利を守るための地域ネットワーク――アジア市民社会の動きを中心に[松岡佳奈子]
 第1節 アジアにおける難民の状況
 第2節 アジア各国における難民受け入れの現状
 第3節 アジアにおける難民保護へ向けたNGOネットワーク
 第4節 アジアにおける難民保護への可能性

第8章 先住民族ネットワーク――アジアの草の根運動と国際人権システムを架橋する[木村真希子]
 第1節 アジアにおける先住民族と国際的な権利運動への参加
 第2節 国連人権機関におけるアジア先住民族の参加
 第3節 アジア先住民族ネットワークの形成
 第4節 アジア先住民族ネットワークの活動
 第5節 評価と課題

第3部 深刻な人権侵害の解決へ向けた地域協力

第9章 ミャンマーの人権侵害とアジア地域協力の可能性――欧米諸国とASEAN諸国の対応の相違に注目して[本多美樹]
 第1節 ミャンマーの人権侵害と国際社会の対応
 第2節 人権侵害と国際社会――サイクロン・ナルギスの際の対応をめぐって
 第3節 サイクロン後の復興過程における人権侵害
 第4節 人権侵害をめぐる国際協力の可能性

第10章 フィリピン南部ムスリム社会の人権侵害――人権保護システム構築へのみち[石井正子]
 第1節 フィリピン南部ムスリム社会における人権侵害
 第2節 人権をめぐる国内の制度と多様なアクター
 第3節 国を越えた人権保護システム構築の模索
 第4節 まとめにかえて

第11章 エスニック・マイノリティの人権のための地域協力――チッタゴン丘陵をめぐるNGOによる平和構築の試み[下澤嶽]
 第1節 バングラデシュの事例がみる民族対立と差別構造の創出
 第2節 バングラデシュ,チッタゴン丘陵の紛争と暴力
 第3節 和平協定後の社会――圧倒的な力の格差のなかで
 第4節 国際社会とチッタゴン丘陵問題

資料 人権に関するASEAN政府間委員会への委託事項[勝間靖訳]
索引

このページのトップへ