ホーム > グローバリゼーションとアジア地域統合

グローバリゼーションとアジア地域統合 [アジア地域統合講座][アジア地域統合講座]

グローバリゼーションとアジア地域統合

グローバル化(またはグローバリズム)とアジアの地域統合(またはリージョナリズム)とのダイナミックな相互関係はどうなるのか。

著者、編者、訳者など 浦田秀次郎 編著
金ゼンマ 編著
ジャンル 政治
経済
ISBN 978-4-326-54626-8
出版年月 2012年3月
判型・ページ数 A5判・360ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

21世紀のアジア地域統合は「グローバル化」要因を抜きには解明できない。グローバル化はアジア地域統合にどのような影響をもたらしているのか。また、アジア地域統合はグローバル化にどのような影響を与えうるのか。本書は、このような相互関係の問題をさまざまな課題を通じて解明し、アジア地域統合研究の新たな地平を開拓する。

このページのトップへ

目次

刊行にあたって[天児慧]
はじめに[浦田秀次郎・金ゼンマ]

第1部 グローバリゼーションと国際関係

第1章 複合的グローバリゼーションと東アジア――国際政治学からの鳥瞰図[山本吉宣]
 1. はじめに
 2. グローバリゼーション論
 3. 直線的なグローバリゼーション論
 4. 複合的グローバリゼーション:グローバル,リージョナル,ナショナル
 5. 国家の属性と地域,国際システムと地域
 6. おわりに

第2章 グローバリゼーションとニュー・リージョナリズム――拡散と収斂の相互作用[金ゼンマ]
 1. はじめに
 2. グローバリゼーションをめぐる議論
 3. リージョナリズムをめぐる議論
 4. グローバリゼーションとリージョナリズムの相互関係
 5. おわりに

第3章 グローバリゼーションとアジア地域研究――アジア地域統合を思考するために[栗田匡相]
 1. はじめに
 2. 地域研究者から見たグローバリゼーションとアジア地域統合
 3. アジア統合の可能性:Asia-Visionサーベイを用いた定量分析から
 4. おわりに

第2部 グローバリゼーションと経済・社会

第4章 東アジアにおける地域経済統合[浦田秀次郎]
 1. はじめに
 2. グローバリゼーションの進展
 3. 東アジア経済とグローバリゼーション
 4. 市場誘導型の地域統合
 5. 活発化する制度面での地域化の動き
 6. おわりに:グローバリゼーションが進むなかでの東アジアの地域統合

第5章 東アジアの経済統合――制度収斂の新段階[深川由起子]
 1. はじめに
 2. 金融協力の進展と課題
 3. FTAネットワークの形成と課題
 4. 東アジア経済統合制度化のジレンマ
 5. おわりに:ジレンマを超えて

第6章 東アジアの環境協力――日本の環境ODAと東アジア環境共同体の形成[松岡俊二]
 1. はじめに
 2. 問題の所在
 3. 先行研究をめぐって
 4. 地域環境協力と地域統合の進化モデル
 5. 日本の環境ODAと環境センター・アプローチ
 6. ヨーロッパにおけるLRTAPの発展過程
 7. 東アジアにおけるEANETの発展過程
 8. 進化モデルから見たLRTAPとEANETの評価
 9. 東アジアにおけるEANET進化の可能性
 10. おわりに: 東アジア環境共同体の形成と東アジア共同体論

第7章 労働市場における国際統合の方向性――現地スタッフによる上司評価をめぐって[白木三秀]
 1. はじめに:課題の設定
 2. 日本人海外派遣者数と外国人「企業内転勤」者数の増大
 3. グローバル人材の需給バランス
 4. 海外派遣者に対する現地スタッフの評価
 5. おわりに

第8章 中国における労働問題――国を越えた連携に向けて[阿古智子]
 1. はじめに
 2. 富士康事件の衝撃
 3. 多発するストライキ
 4. 拡大する非正規就業
 5. 自己主張する新世代農民工
 6. 戸籍制度の壁
 7. 発展途上国の不安定要素
 8. おわりに:グローバル化が進むアジア地域での連携に向けて

第9章 アジアにおける地域的高等教育フレームワークの構築[黒田一雄]
 1. はじめに
 2. 高等教育国際化のさまざまな形態
 3. 高等教育リージョナリゼーションのグローバルな展開
 4. 東南アジア地域における高等教育のリージョナルな展開
 5. アジア太平洋地域における高等教育のリージョナルな展開
 6. 新しい挑戦:ASEAN+3,東アジアサミット,そして日中韓
 7. アジアの地域的高等教育フレームワークに関する地域統合論からの考察
 8. アジアの地域的高等教育フレームワークに関する国際高等教育論からの考察
 9. おわりに:地域統合論から見たアジアの高等教育フレームワークの将来像

第3部 グローバリゼーションと安全保障

第10章 東アジア多国間地域安全保障をめぐる議論の興亡――グローバリゼーションの影響[植木(川勝)千可子]
 1. はじめに
 2. 日本における議論の経緯と内容
 3. 韓国における議論の経緯と内容
 4. 中国における議論の経緯と内容
 5. アメリカにおける議論の経過と内容
 6. 考察
 7. おわりに

第11章 「グローバル・イシュー」としての人権とアジア――新たな国際規範をめぐる国際社会の確執に注目して[本多美樹]
 1. はじめに
 2. グローバリゼーションと人権
 3. 新たな国際規範とアジア:ミャンマーを事例として
 4. 人権問題における地域の調整機能・協力関係の意義と可能性
 5. おわりに

第12章 アジア地域連携に見る人の移動と人身取引――メコン河流域諸国に着目して[島﨑裕子]
 1. はじめに
 2. GMS諸国内に見る人の動きと地域統合
 3. グローバリゼーションの負の側面としての人身取引
 4. 人身取引被害者の置かれている状況:カンボジアを事例に
 5. GMSにおける人身取引に関する地域協定と地域連携
 6. おわりに

索引

このページのトップへ

関連書籍

グローバリゼーションとアジア地域統合

グローバリゼーションとアジア地域統合

浦田秀次郎・金ゼンマ 編著

著者:浦田秀次郎 編著
金ゼンマ 編著
 
アジア地域統合の展開

アジア地域統合の展開

松岡俊二・勝間田弘 編著

著者:松岡 俊二 編著
勝間田弘 編著
 
アジアの人権ガバナンス

アジアの人権ガバナンス

勝間靖 編著

著者:勝間靖 編著
 
 
アジアの非伝統的安全保障Ⅰ

アジアの非伝統的安全保障Ⅰ

天児慧 編著

著者:天児 慧 編著
 
アジアの非伝統的安全保障Ⅱ

アジアの非伝統的安全保障Ⅱ

天児慧 編著

著者:天児 慧 編著
 
アジアを学ぶ

アジアを学ぶ

鴨川明子 編著

著者:鴨川明子 編著
 
 

このページのトップへ