ホーム > 妊娠中絶の生命倫理

妊娠中絶の生命倫理

哲学者たちは何を議論したか

妊娠中絶の生命倫理

中絶は殺人なのか、それとも許されるべき行為なのか? 妊娠中絶をめぐる英語圏での哲学的議論から、代表的な論文を翻訳・紹介する。

著者、編者、訳者など 江口聡 編訳
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-10209-9
出版年月 2011年10月
判型・ページ数 A5判・320ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

罪のない胎児を殺す妊娠中絶は道徳的に不正である──こうした中絶反対派の主張に対して、中絶許容派の哲学者たちは自分の身体に対する女性の権利を主張したり、胎児は生物学的なヒトではあっても道徳的主体とは言えないとする議論などを提示してきた。英語圏での論争から代表的な論文を紹介し、この問題が含む原理的な難題を示す。

中絶に関する文献がなく、出版は良いタイミングです。(男性 51才 大学教授)

このページのトップへ

目次

はしがき

1. ジョン・ヌーナン(太田徹訳)
歴史上ほぼ絶対的な価値

2. ジュディス・ジャーヴィス・トムソン(塚原久美訳)
妊娠中絶の擁護

3. バルーク・ブロディ(藤枝真訳)
妊娠中絶に関するトムソンの議論

4. ジョン・フィニス(小城拓理訳)
妊娠中絶の是非――ジュディス・トムソンへの応答

5. マイケル・トゥーリー(神崎宣次訳)
妊娠中絶と新生児殺し

6. メアリ・アン・ウォレン(鶴田尚美訳)
妊娠中絶の道徳的・法的位置づけ

7. ジェーン・イングリッシュ(相澤伸依訳)
妊娠中絶と「ひと」の概念

8. R. M. ヘア(奥野満里子訳)
妊娠中絶と黄金律

9. ドン・マーキス(山本圭一郎訳)
なぜ妊娠中絶は不道徳なのか

10. ロザリンド・ハーストハウス(林誓雄訳)
徳理論と妊娠中絶

11. スーザン・シャーウィン(江口聡訳)
フェミニスト倫理学のレンズを通して見た妊娠中絶

編者解説(江口聡)
人名索引
事項索引

このページのトップへ