ホーム > アジアの非伝統的安全保障Ⅱ

アジアの非伝統的安全保障Ⅱ [アジア地域統合講座][アジア地域統合講座]

中国編

アジアの非伝統的安全保障Ⅱ

中国の非伝統的安全保障の問題意識を深めるとともに、いかにして新しいガバナンス・メカニズムを構築するかを考える。

著者、編者、訳者など 天児 慧 編著
ジャンル 政治
経済
ISBN 978-4-326-54636-7
出版年月 2011年11月
判型・ページ数 A5判・240ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

格差拡大や環境破壊、感染症の広がりなどさまざまな異なった問題解決の仕組みをつくる必要性を高めていくグローバリゼーションは、これまで情報を管理することによって社会を管理してきた共産党体制とは異なったガバナンスの仕組みを中国に必要とするようになってきた。非伝統的安全保障の問題を扱うことで新しい中国を理解する。

このページのトップへ

目次

刊行にあたって[天児慧]

序章 中国における非伝統的安全保障[天児慧]
 膨張する中国
 中国アジア非伝統的安全保障の深刻化
 越境する非伝統的安全保障イシュー

第1章 「非伝統的安全保障」ネットワーク構築に向けて──NGO/NPOの役割[王名]
 中国におけるNGO/NPOの発展概況
 増加する非伝統的安全保障イシュー
 非伝統的安全保障の定義と十大事件
 十大事件の解析と特徴
 アメリカを参照した中国の非伝統安全保障システム
 増大するボランティア,民間,NGO/NPOの活動
 NGO/NPOの定義と研究アプローチ
 NGO/NPOの具体的な役割
 NGO/NPOと社会発展

第2章 経済発展と環境問題──森林・大気・水汚染(酸性雨・黄砂)[鄭躍軍]
 経済成長と大気・水の汚染
 黄砂と森林の破壊
 開発ブームと土地管理問題
 人口問題と持続的な高度成長
 環境と経済成長の両立:環境アセスメント

第3章 深刻化する農村の環境汚染と農業再生[向虎]
 ユージン・スミス,廬広の目線から環境問題を考える
 ボトムの人々の生活に直面する環境汚染
 環境汚染の犠牲者:貧しい農民
 「三農」問題(1):農民負担の過重・教育軽視
 「三農」問題(2):劣悪な農村インフラと遅れた社会福祉
 政府の農村への支援政策
 中国における「内発的発展」の可能性とNGOの役割

第4章 中国における環境ビジネス[青山周]
 社会問題としての環境問題
 「重病」状態の中国
 環境保護産業の急成長とグリーンGDP
 環境重視の「5ヵ年計画」
 環境政策をめぐる2つの空間
 産業構造の戦略的高度化
 狭義の環境ビジネスと広義の環境ビジネス
 環境エンジニアリングとリスクマネジメント
 もっと伸びる日本企業の環境ビジネス
 水ビジネス

第5章 自然災害・気候変動とリスクファイナンス[佐野肇]
 自然災害と保険損害,巨額損失の構成要因
 自然災害に「脆弱」な中国の都市,建築物
 保険でカバーできないアジアの自然災害
 「リスクファイナンス」手法の活用
 台風通過数を指標とするデリバティブ取引
 カリブ保険プール方式を応用したアジアのリスク移転スキーム
 「自然災害モデル」によるリスク定量化
 将来に備えるリスクファイナンス

第6章 エイズ問題から捉える中国の政治社会変動[阿古智子]
 深刻化する中国のエイズ
 比較の視野からの問題抽出
 HIV感染拡大の実態と政府の対応
 感染経路別に見る感染者の状況
 エイズ問題に見る「社会主義市場経済」の負の側面
 エイズ問題が問う中国政府の国家建設に対する姿勢

第7章 エネルギー問題とガバナンス[堀井伸浩]
 中国エネルギー・環境問題の「通説」に反証
 世界・アジアのエネルギー問題の帰趨を握る中国
 急増する石油輸入量と石油確保のさまざまな試み
 中国が石油価格高騰の元凶か?
 石炭の重要性と日本への影響
 進むエネルギー価格制度改革,需給は安定的成長へ
 「環境市場大国」中国で台頭する中国企業
 日本の省エネ・環境技術は本当に競争力があるのか?
 中国のエネルギー問題のガバナンスを目指して

第8章 多民族国家の諸問題と中国的ガバナンス[王柯]
 重要性を増す少数民族問題
 中国政府の宗教政策
 民族問題に絡んでくる国際政治
 少数民族を巡る「民族間の不平等」
 少数民族の経済発展と民族同化
 少数民族政策と「天下国家論」
 「天下国家」と「民族国家」の間
 民族問題のガバナンスとは

用語解説
索引

このページのトップへ

関連書籍

グローバリゼーションとアジア地域統合

グローバリゼーションとアジア地域統合

浦田秀次郎・金ゼンマ 編著

著者:浦田秀次郎 編著
金ゼンマ 編著
 
アジア地域統合の展開

アジア地域統合の展開

松岡俊二・勝間田弘 編著

著者:松岡 俊二 編著
勝間田弘 編著
 
 

このページのトップへ