ホーム > アジアの非伝統的安全保障Ⅰ

アジアの非伝統的安全保障Ⅰ [アジア地域統合講座][アジア地域統合講座]

総合編

アジアの非伝統的安全保障Ⅰ

グローバリゼーションがもたらしてきたさまざまな負の側面、とりわけ感染症、環境、地域民族紛争などに焦点を当て、アジアを考える。

著者、編者、訳者など 天児 慧 編著
ジャンル 政治
経済
ISBN 978-4-326-54635-0
出版年月 2011年11月
判型・ページ数 A5判・244ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

本書は、アジアの非伝統的安全保障に関わる現象・問題を具体的に論じながら多層的にフォーカスし、現状分析だけでなく、どのように解決を探るか、さらには新しいガバナンスの構築に向けた政策提言を含めて、現地調査の豊富な専門家たちによるリアルな実態報告とその問題点、克服のための方策などを包括的に、わかりやすく解説する。

このページのトップへ

目次

刊行にあたって[天児慧]

序章 アジアにおける非伝統的安全保障と新たなガバナンス[天児慧]
 新たな脅威とガバナンス
 国際社会の新しい秩序とガバナンス
 縮小する日本のプレゼンスと増大する中国のプレゼンス
 複雑化,重層化するガバナンス
 持続可能な成長と日本の目指すライフスタイル

第1章 持続可能な発展とリスクマネジメント──人間の安全保障を中心に[関正雄]
 この講座を通して伝えたいこと
 求められる視点:人間の安全保障について
 持続可能な発展とは,人間の安全保障との関係は?
 気候リスクにいかに対処するか:重要な適応行動
 2つの原則から気候変動の捉え方を考える
 難航する国連気候変動会議での交渉
 NGOのプレゼンスと企業の果たすべき役割
 CSR:いま必要な企業のリーダーシップ
 イノベーションとしてのソーシャルビジネス
 新たなグローバルガバナンスへの胎動
 すべてのステークホルダー,未来に向けた責任を分かち合う

第2章 HIV/エイズ,SARS感染症,自然災害(震災)[大谷順子]
 人間の安全保障と保健:グローバリゼーションの時代に
 アジアにおけるHIV/エイズ:貧困,女性とエイズ
 中国におけるHIV/エイズ
 北京,2005年夏
 中央アジアでも増加するHIV/エイズ
 HIV感染率降下の成功例とその要因
 アジアにおけるSARSの問題:WHO,中国での経験を中心に
 医療システムと情報の重要性
 自然災害(震災)

第3章 グローバルでリージョナルな国際的感染症──鳥インフルエンザ[工藤宏一郎]
 リージョナルに広がるグローバルな感染症:インフルエンザ
 2009年の新型インフルエンザの広がりとその対応
 メキシコでの感染初期で多数の死亡者発生が示唆するもの
 アジアの鳥インフルエンザの事例と対策
 感染症とガバナンス

第4章 感染症のリスクマネジメント[山本雅司]
 感染症の警告
 増大する各種感染症の危険
 アジアにおける感染症リスクの特徴
 海外渡航とリスクマネジメント
 感染症対策の“正しい理解と確実な実行”が重要

第5章 アジアの森林資源と地球温暖化[森川靖]
 「環境に優しい」を疑う発想の転換を:思い込みの排除
 温室効果,温暖化を考える
 生態系と二酸化炭素は家計と同じ
 コモンズの悲劇:古代文明から続く
 森林保護と地球温暖化
 森林は巨大なガス交換器
 熱帯林の再生を考える

第6章 森林環境とガバナンス[天野正博]
 住民と森林保全
 国際レベルでの環境ガバナンス
 開発援助におけるエンパワメントと社会開発
 ガバナンスの確立
 住民参加のガバナンス

第7章 中国の大気・水質汚染とガバナンス[松岡俊二]
 中国の環境問題を見る5つの視点
 中国の環境問題の特徴
 中国の大気汚染の越境性
 大気汚染・水質汚染と中国政府の対応および越境性
 気候変動問題と中国の位置
 これからの日中環境協のあり方
 環境協力の難しさ:東アジア酸性雨モニタリングネットワーク
 (EANET)の事例
 環境問題の取り組みと中国の社会改革,環境ガバナンス

第8章 アジアにおける地域紛争──東南アジアを中心に[山田満]
 武力紛争の分類
 地域別に見た武力紛争の争点
 第二次世界大戦後の東南アジアの戦争

用語解説
索引

このページのトップへ

関連書籍

グローバリゼーションとアジア地域統合

グローバリゼーションとアジア地域統合

浦田秀次郎・金ゼンマ 編著

著者:浦田秀次郎 編著
金ゼンマ 編著
 
アジア地域統合の展開

アジア地域統合の展開

松岡俊二・勝間田弘 編著

著者:松岡 俊二 編著
勝間田弘 編著
 
 

このページのトップへ