ホーム > 昔ガヨカッタハズガナイ

昔ガヨカッタハズガナイ [山中恒少国民文庫]

ボクラ少国民のトラウマ

昔ガヨカッタハズガナイ

戦時下の被教育体験を問いつづける著者が、あの時代の気分が充満する今、根拠のない教訓にだまされないための自前の視点を創出する。

著者、編者、訳者など 山中 恒
ジャンル 文学・芸術・ノンフィクション
ISBN 978-4-326-95049-2
出版年月 2011年6月
判型・ページ数 四六判・232ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

「昔」とは、戦前つまり大日本帝国時代のことである。まだ「昔ガヨカッタ」とする、古風な国体原理主義に基づく道徳律が息づいていて、無意識のうちに自己規制を形成している。「慎ましく、出しゃばらず。争わず、身の程をわきまえて。大勢に抗せず…」といった呪縛に捉われている。この呪縛の根源の意義がいかに保守的なものかを実証した。

大変わかりやすい記述で、資料も豊富、大変良い本でした。(男性 81才 無職)

このページのトップへ