ホーム > 合意形成学

合意形成学

合意形成学

多様な意見をもつ多くの人々の合意を形成するにはどうすればいいのか? 理論・方法・実践という3つの側面から知識体系を整備する。

著者、編者、訳者など 猪原健弘 編著
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-30196-6
出版年月 2011年3月
判型・ページ数 A5判・296ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

現代社会には、気候変動やテロのようにグローバルな問題、またダムや発電所などの建設をめぐる地域の問題に加え、感染症など社会生活に広く影響する問題があふれている。こうした多様な意見がぶつかりあう場面でこそ求められるのが「合意形成学」である。社会学、工学、情報学など多彩な分野から、領域横断的に合意形成を見通す1冊。

このページのトップへ

目次

はじめに

序章 合意形成学の構築[猪原健弘]
 序.1 合意形成学の必要性
 序.2 合意形成の理論
 序.3 合意形成の方法
 序.4 合意形成の実践
 序.5 【学】としての合意形成
 序.6 本書の構成

第I部 合意形成の理論

第1章 社会理論における合意形成の位置づけ――社会統合から社会編集へ[今田高俊]
 1.1 合意形成をどのように問題とするか
 1.2 合意形成のための戦略―構造-機能分析の視点
 1.3 了解志向的行為による合意形成―ハーバーマスの対話的理性
 1.4 その先の合意形成―差異の社会編集

第2章 合意の前提となる相互協力関係の生成と崩壊[中井豊]
 2.1 はじめに
 2.2 ギビング・ゲーム・パラダイム
 2.3 友人選別戦略
 2.4 協力状態の進化シミュレーション
 2.5 us-TFT戦略による協力状態の生成
 2.6 us-CWD戦略による協力状態の崩壊
 2.7 me-TFT戦略と me-CWD戦略による協力状態の崩壊
 2.8 強固な相互協力を目指して

第3章 プランニングにおける合意形成[原科幸彦]
 3.1 プランニングと紛争
 3.2 紛争と合意形成
 3.3 話し合いによる合意形成の方法
 3.4 廃棄物処理施設整備に向けた長野県における合意形成事例
 3.5 合意形成の展開

第4章 合意形成と法的拘束力[金子宏直]
 4.1 はじめに
 4.2 契約法の原則
 4.3 意思表示の仕組み
 4.4 意思表示の瑕疵
 4.5 典型契約というもの
 4.6 合意と時間的要素
 4.7 契約の主体と数
 4.8 主体の性質
 4.9 紛争解決と合意
 4.10 紛争解決にみられる主体の複数
 4.11 裁判外紛争解決手続における複数当事者
 4.12 紛争解決の拘束力と時間

第5章 合意と合意形成の数理――合意の効率,安定,存在[猪原健弘]
 5.1 合意と合意形成の理論
 5.2 合意と合意形成のとらえ方
 5.3 合意と合意形成の数理モデル
 5.4 合意と合意形成の性質

第II部 合意形成の方法

第6章 合意形成のモデルと方法[木嶋恭一]
 6.1 はじめに
 6.2 合意形成のモデル
 6.3 開発援助をめぐる合意形成過程
 6.4 合意形成の意味とその支援

第7章 討議型意識調査手法――「Deliberative Poll」の実験[坂野達郎]
 7.1 はじめに
 7.2 討議民主主義と集合的意思形成
 7.3 DP の設計思想と手順
 7.4 パブリック・コンサルテーション手法としてのDPの評価

第8章 合意形成を支援するツール[新田克己]
 8.1 はじめに
 8.2 合意形成支援ツールに求められる機能
 8.3 合意形成と問題解決技法
 8.4 合意形成支援ツールの分類
 8.5 合意形成ツールの例

第III部 合意形成の実践

第9章 社会基盤整備での社会的合意形成のプロジェクト・マネジメント[桑子敏雄]
 9.1 「社会的合意形成」へのアプローチ
 9.2 プロジェクトとしての社会基盤整備
 9.3 社会的合意形成のプロジェクト・マネジメント
 9.4 合意形成プロセスの設計・運営・進行
 9.5 合意形成のリスク・マネジメント

第10章 社会資本の整備・管理と合意形成[内藤正彦]
 10.1 社会資本の整備と管理
 10.2 社会資本整備の計画策定段階における合意形成プロセス
 10.3 社会資本整備の現場における合意形成の課題と対応
 10.4 治水計画(河川整備事業)の合意形成にあたっての特徴と対応
 10.5 合意形成の現場で得られた留意点
 10.6 具体的な取り組み例の紹介

第11章 生殖の医療と合意形成[吉武久美子]
 11.1 インフォームド・コンセントから合意形成へ
 11.2 医療の合意形成
 11.3 合意の原則
 11.4 ステークホルダーとインタレスト
 11.5 合意形成によって期待される効果

第12章 IT 化の進展と合意形成[松本光崇・江渡浩一郎]
 12.1 はじめに
 12.2 インターネットがもたらす産業構造変化と,必要な合意形成
 12.3 インターネットをプラットフォームにした合意形成の新しい方法
 12.4 結びに代えて

終章 展望

おわりに
合意形成学関連書籍リスト
索引
謝辞
執筆者略歴

このページのトップへ