ホーム > 刑法案内2

刑法案内2 [勁草法学案内シリーズ]

刑法案内2

私たちの生活を規律する刑法を、国民に開かれた学問に。「常識にかなった刑法理論をわかりやすく世に問おう」とする名著、復刊。

著者、編者、訳者など 藤木英雄
板倉宏
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-49932-8
出版年月 2011年1月
判型・ページ数 四六判・260ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

戦後日本の刑法学に新風を吹き込んだ藤木英雄。名文「しろうとと刑法」に始まる期待に違わぬ刑法入門の連載途中、40代半ばで急逝した。藤木の想いは同門の板倉によって引き継がれ1冊に結実。その後の判例や刑法口語化を反映し、装い新たに2分冊として『刑法案内』が現代によみがえる。現代刑法学の背景がわかる最適のサブテキスト。

何度読んでもすばらしい本です。少しでも多くの人達に読まれることを切に願います。(男性 38才 公務員)
平易な文章で藤本刑法の神髄に触れました。(男性 55才 会社員)

このページのトップへ

目次

はしがき
はしがき(旧版)

第一三章 期待可能性
 一 期待可能性の理論と役割
 二 期待可能性と責任能力との関係
 三 期待可能性はどのような意味の責任の要素か
 四 期待可能性がないときは、どのような責任が、どのような意味で阻却されるか
 五 期待可能性の判断標準
 六 期待可能性に関する錯誤
 七 期待可能性と構成要件該当性、違法性

第一四章 責任能力
 一 責任能力の意義
 二 責任能力は責任の前提であるか、それとも責任の要素であるか
 三 心神喪失・心神耗弱
 四 具体的事例

第一五章 原因において自由な行為
 一 問題の所在
 二 実行行為と責任能力は同時に存在しなければならないか
 三 実行行為時に、限定責任能力であった場合にも、原因において自由な行為の法理は適用できるか
 四 具体的事例
 五 自ら招いた精神障害と立法

第一六章 過失犯
 一 プロローグ
 二 過失のタイプ――業務上過失・自動車運転過失・重過失・事業主の過失
 三 過失犯の要件
 四 結果予見可能性――危惧感説対具体的予見可能性説
 五 旧過失論(結果予見義務中心論)対新過失論(結果回避義務中心論)
 六 企業組織体の過失
 七 カネミ油症事件刑事判決

第一七章 信頼の原則
 一 信頼の原則の意義
 二 信頼の原則の妥当性
 三 信頼の原則の適用要件
 四 信頼の原則の体系的地位

第一八章 未遂・中止犯
 一 犯罪遂行の諸段階
 二 未遂
 三 中止犯

第一九章 不能犯
 一 不能犯の概念
 二 不能犯かどうかの標準
 三 事実の欠如
 四 幻覚犯

第二〇章 共犯
 一 さまざまな共犯の意味
 二 必要的共犯
 三 正犯と共犯の区別
 四 共同正犯の意義
 五 共同正犯の成立要件
 六 共謀共同正犯
 七 共犯の従属性
 八 教唆犯
 九 従犯(幇助犯)
 一〇 身分犯と共犯
 一一 共犯と中止犯
 一二 予備罪と共犯

第二一章 罪数
 一 総説
 二 罪数を決める標準
 三 一罪(本来的一罪)の事例
 四 観念的競合
 五 併合罪
 六 最近の判例と罪数理論

第二二章 刑罰論
 一 刑罰の種類
 二 一億総前科
 三 死刑
 四 自由刑受刑者の生活
 五 仮釈放
 六 財産刑
 七 没収・追徴
 八 刑の執行猶予

しめくくりとして
事項人名索引・判例索引

このページのトップへ