ホーム > 「教育」としての職業指導の成立

「教育」としての職業指導の成立

戦前日本の学校と移行問題

「教育」としての職業指導の成立

生徒への職業指導を学校が行うようになったのは、いつの時期、いかなる論理によってだったのか。史料を紐解き、その過程を分析する。

著者、編者、訳者など 石岡学
ジャンル 教育・心理
ISBN 978-4-326-25068-4
出版年月 2011年1月
判型・ページ数 A5判・264ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

日本社会においては、「学校から職業への間断なき移行」と、そのための「学校による生徒への指導・教育」という暗黙の前提が存在する。移行への関与を「教育的営為」として捉える認識枠組みがいかにして歴史的・社会的に構築されてきたのかを、1920─40年代における学校の職業指導を分析して明らかにし、その認識枠組みを根本的に問い直す。

古くて新しい課題について、史的に検討され、分かりやすく論述されている。論述の構成、その内容も簡にして要を得ている。(男性 75才 大学教授)

このページのトップへ

目次

はしがき

序章 なぜ「学校から職業への移行」が問題となるのか
 1 「教育的営為としての移行への関与」という認識枠組み
 2 先行研究は何を明らかにしてきたか
 3 本書の課題

第一章 学校教育に対する職業指導の導入― 一九二七年一一月文部省訓令第二〇号の発令まで
 1 学校―職業の関係性が問われるようになった時代
 2 職業指導の導入を求める動き
 3 教育雑誌における職業指導の教育的意味づけ
 4 職業指導の「進路問題」としての位置づけ
 5 職業指導と「本来の教育」

第二章 職業指導のアポリアと方法論の分岐
 1 本章の課題
 2 学校における職業指導の「問題」―全国職業指導協議会での議論から
 3 職業指導の本質的アポリア
 4 職業指導の方法論的分岐―「就職斡旋」か「職業精神の涵養」か
 5 二つの方法論の共通点

第三章 職業指導における「職業精神」
 1 職業指導教授用の教科書・図書
 2 語られた「職業精神」の特徴とその背景
 3 「職業精神」を教えることの意味・機能
 4 職業指導におけるジェンダー ―「義務」としての職業、「修養」としての職業
 5 本章のまとめ

第四章 選職・就職先決定プロセスにおける「教育的まなざし」
 1 本章の課題
 2 選職プロセスにおける「教育的まなざし」とその機能
 3 就職先決定プロセスにおける「教育的まなざし」とその機能
 4 職業指導の「教育的」実践

第五章 学校での職業指導を支えたもの―「愛」というマジックワード
 1 本章の課題
 2 輔導の必要性とその方法
 3 輔導の困難
 4 学校における職業指導を支えた「愛」とその内実
 5 本章のまとめ

第六章 戦時期における職業指導の変容と連続性
 1 本章の課題
 2 労務統制への組み込みと学校による就職斡旋の不可能化
 3 職業指導の変容と連続性
 4 戦時体制の強化がもたらした「悲願」の成就
 5 一九四三年から敗戦までの職業指導
 6 戦時体制が剥がした職業指導のメッキ

終章 学校と職業との関係性を改めて問い直す
 1 戦前期の学校における職業指導の展開―その歴史的意味
 2 「移行への関与」は「教育的営為」として行われるべきか
 3 「学校」「職業」を改めて問い直すこと

あとがき
参考文献
事項索引
人名索引

このページのトップへ