ホーム > 会社と社会を幸せにする健康経営

会社と社会を幸せにする健康経営

会社と社会を幸せにする健康経営

研究者と実務家が協力して、ポスト工業化社会における新しい経営、人的資源管理、社会的責任の実現、価値創造の姿を世に問う一冊。

著者、編者、訳者など 田中滋 編著
川渕孝一 編著
河野敏鑑 編著
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-55066-1
出版年月 2010年10月
判型・ページ数 四六判・272ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

本書では理論とケーススタディーをもとに、健康増進のPDCAサイクルの確立、健康の見える化を描き、企業の生産性向上、ひいては社会全体の経済成長、国民・社会の幸福度の向上といった、様々な懸案を解決しうる経営を描き出し、ポスト工業化社会における新しい経営、つまり従業員の健康増進を意図する「健康経営」という概念を提示する。

本当にわかりやすく、非常に参考になります。(男性 77才 元国家公務員)

このページのトップへ

目次

まえがき

第1章 今なぜ健康経営か[河野敏鑑]
 1 少子高齢化
 2 医療費の増大
 3 健康に対する意識の変化
 4 なぜ健康経営か
 5 本書の構成

第2章 社会保障制度と健康経営[田中滋]
 1 健康経営の社会的位置付けと費用負担
 2 社会保障制度とは
 3 健康経営をめぐる考え方

第3章 健康と社会的要因―企業・社会と健康はどう関わりあうのか[河野敏鑑・川渕孝一]
 1 はじめに
 2 健康を規定する経済的・社会的要因
 3 健康が社会に与える影響
 4 健康と生産性
 5 今後の研究課題

第4章 健康経営とコミュニケーション[秋山美紀・野田啓一]
 1 従業員の健康とコミュニケーション
 2 従業員の健康維持のためのコミュニケーションチャネル
 3 コミュニケーションから見える健康経営情報
 4 健康に配慮した職場環境づくりに向けて

第5章 CSRと健康経営[生田孝史・魚住隆太・倍和博]
 1 CSRにおける健康経営の位置づけ
 2 環境会計の導入が企業に与えた影響
 3 CSR会計を踏まえた健康会計への示唆

第6章 健康会計へ向けた取り組み事例[古井祐司]
 1 健康会計でイメージするもの
 2 舞台装置は整った
 3 企業の健康度から見えるもの
 4 経営課題としての健康対策事例
 5 健康会計を推進するプロジェクトが始まった

第7章 米国における企業の健康づくり[小林篤・久司敏史]
 1 はじめに
 2 米国企業における従業員の健康づくり、疾病予防の沿革
 3 米国の企業における健康づくり、疾病予防の新しい流れ

第8章 健康経営の取り組み事例[狩野史子・河野敏鑑・齋藤有希子・吉本明憲]
 1 日本企業の健康経営に対する取り組み・問題意識・課題
 2 小松製作所健康保険組合~家族も巻き込んだメタボリック対策~
 3 帝人株式会社~CSRと数値による見える化で取り組むメンタルヘルス~
 4 東京電力株式会社~「セルフケア」「ラインケア」「ファミリーケア」で取り組むメンタルヘルス対策~
 5 日本アイ・ビー・エム株式会社~グローバル企業における健康管理~
 6 三井化学株式会社~産業医から見た健康増進とPDCAサイクル~
 7 三菱電機健康保険組合~会社・労組・健保の三位一体で取り組む健康増進~

索引

このページのトップへ