ホーム > ライブ・合理的選択論

ライブ・合理的選択論

投票行動のパラドクスから考える

ライブ・合理的選択論

なんでぼくらは選挙に行かなきゃならないのか。その理由を経済学で分析するって? そんなことできるわけ……、あるかも!

著者、編者、訳者など 小田中 直樹
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-55063-0
出版年月 2010年3月
判型・ページ数 四六判・264ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

ぼくの1票の影響力なんてたかがしれている。投票で得られるメリットなんてよくわかんない。なのに選挙に行かなきゃならないのはなぜ? こんな素朴な疑問に経済学で斬り込む合理的選択論を、わかりやすい解説で定評のある著者が書き下ろす。さらには大学生の主人公が合理的選択論を学んで、三角関係に応用するライトノベル付?!

このページのトップへ

目次

まえがき

序章 大体なんでぼくらは選挙に行かなきゃならないのか
【選択のメカニズム】
【大体なんでぼくらは選挙に行かなぎやならないのか】

第1章 合理的選択論
 1・1 【ラノベ編】昆くん、勉強する。
 1・2 合理的選択論とはなにか
 1・3 中位投票者仮説
 1・4 【ラノベ編】昆くん、選挙(とカミーユ)に悩む。
 1・5 ダウンズ・モデル

第2章 第一のパラドクス
 2・1 【ラノベ編】昆くん、悩みが深まる。
 2・2 第一のパラドクス
 2・3 微調整をくわえる
 2・4 【ラノベ編】昆くん、動揺する。
 2・5 ゲームのルールを変更する

補論 有権者選択理論

第3章 第二のパラドクス
 3・1 【ラノベ編】昆くん、腹をくくる。
 3・2 第二のパラドクス
 3・3 参加者の視野をひろげて考える。

終章 大体なんでぼくらは合理的選択論を勉強しなきゃいけないのか
【投票行動モデルに対する評価】
【合理的選択論に対する批判】
【合理的選択論に対する評価】
【ラノベ編】エピローグ

あとがき
文献
人名索引/事項索引

このページのトップへ