ホーム > 海を渡る日本現代美術

海を渡る日本現代美術

欧米における展覧会史1945~95

海を渡る日本現代美術

欧米への追従を脱却しようと日本現代美術が挑んだ半世紀を振り返り、欧米での評価・受容を検証し、美術史の新たな一面に光をあてる。

著者、編者、訳者など 光山清子
ジャンル 文学・芸術・ノンフィクション
ISBN 978-4-326-85188-1
出版年月 2009年12月
判型・ページ数 四六判・384ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

1945年から1995年までに欧米で開催された主要な日本現代美術の展覧会を丹念にたどり、日本現代美術をめぐるアイデンティティの問題を中心に、欧米での日本現代美術に対する評価とその基準、受容のされ方とその反響を析出。日本現代美術が国際社会へ進出する中で求められたのは何だったのか、日本の美術とは何か、その本質に迫る。

このページのトップへ

目次

はじめに

序章 目的・研究対象・方法論

第1章 日本人前衛作家への国際評価―― 一九四五~六九年
 一 歴史的背景
 二 国際文化振興会と日本人作家の国際美術界への参加
 三 ヴェネツィア・ビエンナーレへの参加――「国際的」日本人作家創造のプロセス
 四 「新しい日本の絵画と彫刻」展――日本現代美術への否定的評価

第2章 ジャパン・アート・フェスティバル展―― 一九六六~七六年
 一 国際芸術見本市協会
 二 現代日本美術・文化の米国への包括的紹介――第一回ジャパン・アート・フェスティバル展
 三 ジャパン・アート・フェスティバル展の方針の変化
 四 展覧会タイプの確立――第五回ジャパン・アート・フェスティバル展
 五 作品傾向の固定化――「ジャパン・アート・フェスティバル展タイプ」
 六 ジャパン・アート・フェスティバル展における伝統の問題

第3章 欧米で高まる日本現代美術への関心―― 一九八〇~九五年
 一 国際交流基金と欧米における日本現代美術への関心の高まり
 二 戦後日本美術の歴史化
 三 日本現代美術と伝統美学の関係についての探求

終章 近年の動向と今後の課題
 一 前章までの要約と対外文化政策的視点
 二 伝統・日本的なもの
 三 一九九〇年代以降の日本現代美術


おわりに
展覧会リスト
引用・参考文献
展覧会索引
人名・団体名索引

このページのトップへ