ホーム > 道徳の言語

道徳の言語 [双書プロブレーマタ]

道徳の言語
著者、編者、訳者など R.M.ヘア
小泉仰
大久保正健
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-19871-9
出版年月 1982年11月
判型・ページ数 四六判・304ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

メタ倫理学の立場をとり、事実から価値は引き出せないとする主張を引き継ぎ、価値語「べき」「よい」などの用法を精緻に分析する。倫理学・哲学を学ぶ者の必読書。

このページのトップへ

目次

序文

I 命令法

1 指令言語

2 命令文と論理

3 推論

4 原理の決定

II 「よい」

5 「自然主義」

6 意味と判定規準

7 記述と評価

8 勧めと選び

9 道徳的脈絡の中の「よい」

III 「べき」

10 「べき」と「正しい」

11 「べき」と命令法

12 一つの分析モデル

解説
事項索引
人名索引

このページのトップへ