ホーム > コミュニティ科学

コミュニティ科学

技術と社会のイノベーション

コミュニティ科学

医療、教育、福祉、まちづくりなど、課題解決に向けた技術と社会のイノベーション。コミュニティ・ソリューションの方法と実践の書。

著者、編者、訳者など 金子郁容 編著
玉村 雅敏 編著
宮垣元 編著
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-30183-6
出版年月 2009年11月
判型・ページ数 A5判・240ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

「高負担・高満足か、低負担・低満足か」という二者択一ではなく、満足度が高く、しかも社会コストが低い社会を作り出すアプローチがある。コミュニティ・ソリューションだ。本書は、医療・教育・保育・まちづくりなど喫緊の社会課題を解決する「コミュニティ科学」という新しい発想による理論と方法論を、豊富な実例をあげて提示する。

このページのトップへ

目次

はじめに:新しい発想で社会発展の道を探る

第1章 コミュニティ科学とは何か
 1 コミュニティ科学の基本シナリオ
 2 コミュニティ科学の2つの特徴
 3 ゲーム理論のミッシングリンクとしてのソーシャル・キャピタル
 4 制度論から見たコミュニティ科学

第2章 理論的背景と位置づけ
 1 コミュニティ科学の社会的背景
 2 コミュニティの2つの捉え方
 3 問題解決を高める力
 4 コミュニティとソーシャル・キャピタルを活かす
 コラム1 実空間情報クリッピングシステム「InfoClip」
 コラム2 「未来見」と「InfoClip」を用いた「まちなか情報マップ」

第3章 コミュニティ科学のモデルとツール
 1 現実空間と情報空間のつながりのメリットを活かす
 2 子育て安心社会の実現
 3 信頼される学校を創る
 4 スポーツコミュニティにおける現実空間と情報空間
 5 時空間情報モデル
 6 「コミュニティ社会基盤」の考え方と機能モジュール
 コラム3 「アクティブアバター」による複合型コミュニティ形成支援
 コラム4 「リアル社会連携型SNS」による子どもクラブコミュニティ形成支援

第4章 複合型コミュニティにおける社会規範をめぐって──遠隔予防医療における「額縁効果」
 1 コミュニティ型遠隔医療
 2 ネットワークによる「社会規範」形成
 3 医師が驚くほどの効果が
 コラム5 奥多摩町における遠隔予防医療の意義
 コラム6 奥多摩町における遠隔予防医療相談システム

第5章 にぎわいのあるまちなかの安心と経済
 1 まちなかのコミュニティ・ソリューションからの地域再生
 2 青森まちなかの社会基盤づくり
 3 まちなかマーケティングの実践によるコミュニティ社会基盤の構築
 4 マイクロ商圏ビジネスによるダブルボトムラインの実現
 コラム7 「コモビ携帯(実空間透視ケータイ)」によるコミュニティ空間共有

おわりに:コミュニティ科学の可能性と課題

付録 「コ・モビリティ社会の創成」プロジェクト
あとがき
索  引
執筆者プロフィール

このページのトップへ

関連書籍

NPO再構築への道

NPO再構築への道

原田晃樹・藤井敦史・松井真理子著

 
 

このページのトップへ