ホーム > ムカシのミライ

ムカシのミライ これから出る本

プロセス考古学とポストプロセス考古学の対話

ムカシのミライ

世界の、そして日本の考古学が進むべき道は? プロセス考古学とポストプロセス考古学の対話を通して、世界的潮流とその針路を探る。

著者、編者、訳者など 阿子島 香 監修
溝口 孝司 監修
ジャンル 歴史・地理
ISBN 978-4-326-24849-0
出版年月 2018年10月
判型・ページ数 四六判・256ページ
予価 本体2,700円+税
 

内容説明

考古学の二大理論、プロセス考古学とポストプロセス考古学――。それぞれに自然科学的、人文・社会科学的とアプローチの違いはあれど、どう絡み、何を目指すべきなのか。両理論の第一人者・阿子島香と溝口孝司が向き合い、語り合った。現在の世界的潮流を理解し、日本の考古学を次なる段階へと進めるため、その背景と役割を振り返る。

このページのトップへ