ホーム > 『哲学探究』とはいかなる書物か

『哲学探究』とはいかなる書物か [ウィトゲンシュタイン『哲学探究』を読む] 新刊

理想と哲学

『哲学探究』とはいかなる書物か

『探究』は何のために書かれたのか? そこで示された「哲学」の姿とは? 「日記」を手がかりとして、この書物の謎を解き明かす。

著者、編者、訳者など 鬼界 彰夫
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-15457-9
出版年月 2018年10月
判型・ページ数 四六判・400ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

『哲学探究』が読者に謎として立ち現れるのは、ウィトゲンシュタインの哲学的思考と彼自身の生が、この書物の中に、同時に分かち難い形で存在するからである。その高次の結びつきの露頭と言うべき「哲学論」(§§89~133)を、「日記」や手稿ノートなどの新資料を駆使して精緻に読み解き、『探究』の真の姿に迫る。待望のシリーズ第一巻!

このページのトップへ

目次

はしがき

第Ⅰ部 準 備

第一章 謎としての『哲学探究』とそれを解く鍵
 1 『哲学探究』の難解さと謎
 2 『探究』という謎への鍵(1)――『探究』と「茶色本」(あるいは「青色本」)との類似性
 3 『探究』という謎への鍵(2)――『探究』と「茶色本」(あるいは「青色本」)との決定的相違

第二章 謎を解く鍵としての「哲学論」(§§89~133)――読解の手掛かり
 1 『哲学探究』における「哲学論」の位置づけと意味
 2 我々の「哲学論」解釈が答えるべき問い
 3 「哲学論」のテキストの成立過程とソース

第Ⅱ部 読 解

第三章 論理と理想――「哲学論」前半(§§89~108)
 1 「哲学論」前半の読解の手順と手掛かりとなる背景的事実
 2 「論理の崇高性」の問いの意味――§89a
 3 「論理」を巡る『論考』の錯覚――§§89b~92と§§93~97
 4 「理想」についての根本的誤解――§§98~108

第四章 新しい哲学像――「哲学論」後半(§§109~133)
 1 テキストの構成とMS142(およびTS220)との関係
 2 『論考』の根本的誤解からの脱却の道――§§109~118
 3 新しい哲学像の苦悶の中でのアフォリズム的予見――§§119~129
 4 新しい哲学と「言語ゲーム」――§§130~133
 5 世界の相転換としての哲学――『探究』最終版から消えた哲学論

第Ⅲ部 応 用

第五章 我々に示されたもの
 1 科 学
 2 哲 学


あとがき
付表1・2
事項索引
人名索引

このページのトップへ