ホーム > 選好形成と意思決定

選好形成と意思決定 [フロンティア実験社会科学] これから出る本

選好形成と意思決定

人々の選好はどのように形成され、どのような過程で意思決定がなされ、社会で生かされるのか。最新の理論、方法論、実証例を紹介。

著者、編者、訳者など 竹村 和久 編著
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-34915-9
出版年月 2018年8月
判型・ページ数 A5判・250ページ
予価 本体3,000円+税
 

内容説明

伝統的経済学や多くの社会科学において中心的位置づけであった意思決定研究は、カーネマンのノーベル経済学賞受賞以降、一層盛んに研究が行われている。本書は理論的背景として行動意思決定論と行動分析学の観点を取り上げ、情報モニタリング法や眼球運動を用いた追跡技法、さらには脳機能画像研究や動物実験による知見を報告する。

このページのトップへ