ホーム > ローティ論集

ローティ論集 これから出る本

「紫の言葉たち」/今問われるアメリカの知性

ローティ論集

広大な知の裾野に咲き誇るローティの哲学。アメリカの知性は、われわれに何を託して逝ったのか。選りすぐりの重要論文に解題を付す。

著者、編者、訳者など リチャード・ローティ
冨田 恭彦 編訳
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-10269-3
出版年月 2018年8月
判型・ページ数 A5判・300ページ
予価 本体4,000円+税
 

内容説明

バージニア時代とそれ以降にローティが執筆した論文の中から、彼の思想の特徴をさまざまな切り口で示す6篇を選び、あわせて死の直前に執筆された「知的自伝」を訳出。各章に道案内として解題と訳注を付す。死してなお輝きを増すアメリカの知性の全容を示すとともに、その「紫の言葉たち」がわれわれに何を託そうとしたかを探る。

このページのトップへ