ホーム > 現象学入門

現象学入門 これから出る本

新しい心の科学と哲学のために

現象学入門

フッサールから現代の身体性認知科学へ――現象学という思想的潮流は心の科学とどう結びついて展開してきたのか。歴史と展望を示す。

著者、編者、訳者など ステファン・コイファー
アントニー・チェメロ
田中 彰吾
宮原 克典
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-10268-6
出版年月 2018年7月
判型・ページ数 A5判・312ページ
予価 本体3,300円+税
 

内容説明

独特の専門用語や論述の難解さで知られる現象学を、英語圏の哲学に特徴的な明晰な論述スタイルで解説。現象学の中心的なテーマは今日の身体性認知科学にこそ最も鮮明に受け継がれている、という独自の観点から、心理学や認知科学との関係に重点を置いて現象学の歴史と現代の展開を描き、その魅力と可能性をわかりやすく生き生きと示す。

このページのトップへ

関連書籍

現象学的な心

現象学的な心

ショーン・ギャラガー ダン・ザハヴィ著

 
 

このページのトップへ