ホーム > 著作権法プラクティス

著作権法プラクティス

著作権法プラクティス

具体的な事案に即して問題発見力・問題解決能力を涵養し、司法試験合格レベルまでの実力の養成を目的とする著作権法の事例問題集。

著者、編者、訳者など 松田 政行
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-40256-4
出版年月 2009年9月
判型・ページ数 A5判・404ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

著作権法の重要論点について、(設例)の事案を提供して、論点ごとに(設問)で問う。それにつき(解答例)を提供して著者の正解例を読者に示し、さらに丁寧詳細な(解説)を用意した。豊富な図表を活用し図解することにより知財の法理、民法との関係を分析・評価し、理解させるとともに、できるだけ要件事実の記述を加えた。
本書は本ウェブ上において新しい課題と司法試験問題(著作権法)解答例などを掲載しています。本書と合わせてご利用下さい(無料)。

実に詳細かつ具体的に改正法が解析されている。楽しく学習できる。最近まれにみる良書だと思う。(男性 68才 会社員)

追録 写真の著作物

2006年~2014年司法試験(著作権)解答例 解説

このページのトップへ

目次

第1講 建築の著作物

1 設例と設問
 (設例1)設問1 建築設計図の著作と建築の著作物の関係(観念としての著作物をとらえる)及び改変の許容範囲
 (設例2)設問2 建築物の改築にともなう建築の著作物の改変に関する許容の範囲
 設問3 設計者(著作者)死亡後の建築物の改築にともなう建築著作物の改変と遺族の請求権事案の差異を要件事実ダイアグラムで確認する

2 解答例

3 解 説
 1 はじめに(建築の著作物の特性)
 2 関連条項の概要
 3 建築物の増改築等の改変(20条2項2号)
 4 事例研究

第2講 著作物の商品流通と譲渡権・頒布権

1 設例と設問
 (設例1)設問1 譲渡権の消尽
 (設例2)設問2 転得者の保護
 (設例3)設問3 みなし侵害(以上3つの要件の差異と法的効果を検討する)
 (設例4)設問4 映画の頒布権の国際消尽

2 解答例

3 解 説
 1 はじめに
 2 著作権法上の頒布と譲渡
 3 頒布権と譲渡権の差異
 4 特許権・商標権の国際消尽と著作権の国際消尽
 5 中古ゲームソフトの販売と頒布権の消尽
 6 譲渡権の消尽(26条の2第2項)
 7 消尽しない譲渡権の善意取得者の特例(113条の2)
 8 譲渡権の制限規定(47条の4)
 9 頒布に関するみなし侵害規定
 10 総括(頒布権の国際消尽)

第3講 インタラクティブ送信とその周辺

1 設例と設問
 (設例)
 設問1 自動公衆送信とデータベースの著作物・編集著作物
 設問2 技術的保護手段,技術的制限手段の開発・提供の法的効力
 設問3 編集著作物の利用と自動公衆送信における同著作物の利用
 設問4 コンテンツの翻案改変とその後の利用

2 解答例

3 解 説
 1 インタラクティブ送信(自動公衆送信)に関連する著作権法上の諸規定
 2 インターネットとインタラクティブ送信(自動公衆送信)
 3 インタラクティブ送信(自動公衆送信)に関する判例

第4講 著作権法と表現の自由(パロディー)

1 設例と設問
 (設例)設問 「パロディー・モンタージュ事件」の現行著作権法における解釈

2 解答例

3 解 説
 1 パロディー・モンタージュ事件の意義
 2 判決の総括
 3 パロディーに関する通説的見解に立った20条2項4号の適用
 4 「パロディー・モンタージュ事件」におけるパロディーの目的
 5 社会諷刺と著作物の利用・改変

第5講 私的領域における改変と同一性保持権

1 設例と設問
 (設例)
 設問1 私的領域において使用するパソコン用ゲームのルールを変更して別のゲームを出力するプログラムの販売
 設問2 私的領域において使用するパソコン用ゲームのキャラクターの能力値に予定外の数値を入力させてゲームの結果に影響を与えるプログラムの販売

2 解答例

3 解説
 1 はじめに
 2 私的領域における改変と同一性保持権に関する学説
 3 著作権法20条2項4号における利益衡量説

第6講 創作者であることを主張する権利

1 設例と設問
 (設例)
 設問1 原著作者の二次的著作物に関する氏名表示権と不行使特約
 設問2 出版社の出所明示請求権
 設問3 ゴーストライターの氏名表示権

2 解答例

3 解 説
 1 氏名表示権(19条)の意義
 2 氏名表示権と同一性保持権の競合
 3 氏名表示権の制限

第7講 著作物の利用許諾契約とその効力

1 設例と設問
 (設例)
 設問1 著作権に基づく差止請求権と許諾契約の譲受け
 設問2 二重許諾契約の被許諾者者間の法律関係
 設問3 通常許諾契約の被許諾者の地位
 設問4 独占的許諾契約の被許諾者の地位

2 解答例

3 解 説
 1 出版契約の類型と著作権法との関係
 2 出版契約ひな型
 3 デジタル・コンテンツ化と「版面」の利用について
 4 出版契約といわゆる「編集権」について

第8講 著作者の権利の行使と権利濫用

1 設例と設問
 (設例)出版契約における出版合意(出版義務)と出版契約失効の法理
 設問1 出版社による改変実行と権利濫用
 その他出版契約の効力
 設問2 出版契約における各種権利・義務の請求権としての構成と要件事実

2 解答例

3 解 説
 1 はじめに
 2 著作者の権利侵害訴訟における権利濫用の抗弁
 3 同一性保持権の行使に関する権利濫用と出版契約失効の法理
 4 著作者人格権の行使目的と権利濫用

第9講 著作権侵害による損害賠償請求権(特許権等との対比)  

1 設例と設問
 (設例1)設問1
 パッケージプロダクトプログラムの著作権侵害に関する実施権利者の損害賠償請求における損害額の算定
 (設例2)設問2
 パッケージプロダクトプログラムの著作権侵害に関する不実施権利者の損害賠償請求における損害額の算定
 (設例3)設問3
 パッケージプロダクトプログラムの社内複製に関する損害賠償請求における損害額の算定

2 解答例

3 解 説
 1 はじめに
 2 損害賠償請求権(民709条、著114条)
 3 損害額の推定等(114条)

第10講 著作権侵害訴訟提起前の準備と警告・仮処分・紛争解決あっせん制度      

1 設例と設問
 (設例)
 設問1 侵害に対する警告書・回答書,権利の行使及びその準備
     具体的紛争の実態に沿った請求と主張の整理
 設問2 具体的請求権行使に沿った解決方法(手続)の選択
 設問3 依拠に関する証拠方法と損害賠償の立証方法の考
 設問4 侵害者が著作物に依拠したことを否定する場合における依拠性に関する要件事実

2 解答例

3 解 説
 1 はじめに
 2 訴訟準備の留意点
 3 警 告
 4 仮処分
 5 著作権紛争解決あっせん制度

司法試験 著作権法過去問 問題と解答例[2006年~2009年]

web追録 写真の著作物
       2010年司法試験(著作権法)問題と解答例
       2011年司法試験(著作権法)問題と解答例
       2012年司法試験(著作権法)問題と解答例
       2013年司法試験(著作権法)問題と解答例

このページのトップへ