ホーム > 平等主義基本論文集

平等主義基本論文集

平等主義基本論文集

格差原理と運平等主義、民主的平等または関係性平等主義、優先主義に十分主義。平等をめぐる5つの立場を代表する5論文を収録。

著者、編者、訳者など ジョン・ロールズ
リチャード・アーネソン
エリザベス・アンダーソン
デレク・パーフィット
ロジャー・クリスプ
広瀬 巌 編・監訳
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-15453-1
出版年月 2018年5月
判型・ページ数 四六判・260ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

格差の何が問題なのか。格差はそれ自体望ましくないのか。それとも、格差はそれ自体望ましからざるわけではなく、格差が社会にもたらす影響が問題なのだろうか。もし、格差がそれ自体望ましくないなら、それは不公正だからなのか、それとも不正義だからか。あるいは格差自体が悪なのか。こうした問いを考えるための最重要論文5編。

このページのトップへ

目次

凡例

第1章 アレクサンダーとマスグレイヴへの返答[ジョン・ロールズ 石田京子訳]
第2章 平等と厚生機会の平等[リチャード・アーネソン 米村幸太郎訳]  
第3章 平等の要点とは何か(抄訳)[エリザベス・アンダーソン 森悠一郎訳]  
第4章 平等か優先か[デレク・パーフィット 堀田義太郎訳]  
第5章 平等・優先性・同情[ロジャー・クリスプ 保田幸子訳]  

編者あとがき[広瀬巌] 
索引

このページのトップへ