ホーム > 熟議の効用、熟慮の効果

熟議の効用、熟慮の効果 新刊

政治哲学を実証する

熟議の効用、熟慮の効果

真の民意はどこにあるのか? 民意はどうやって変化するのか? 熟議と熟慮の効果を冷徹に測定し、民主主義の将来を展望する!

著者、編者、訳者など 田中 愛治
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-30266-6
出版年月 2018年3月
判型・ページ数 A5判・228ページ
定価 本体3,900円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

熟議と熟慮には本当に意義があるのか? 本書では、ミニ・パブリックスによる討議型世論調査の結果と、熟慮した市民に最先端の世論調査を行った結果を測定・比較する。テーマは「外国人労働者の受け入れ」だ。実証的政治学と政治思想研究のコラボレーションで政治学の地平を切り開き、民主主義の将来を展望する!

このページのトップへ

目次

プロローグ[田中愛治]

第1章 序論[田中愛治・齋藤純一・古城佳子・小須田翔]
 1 本書の目的とその背景
 2 ミニ・パブリックス登場の背景とその後の発展
 3 世論調査の発展と限界,その後のCASI調査による可能性
 4 熟慮と熟議のテーマ設定の背景と経緯
 5 本研究におけるCASI調査とミニ・パブリックスの全体の設計
 6 本書の構成

第2章 調査の概要[今井亮佑]
 1 プロジェクトの全体像
 2 1月CASI
 3 ミニ・パブリックス:日本の将来に関する静岡県民による意見交換会
 4 10月CASI
 5 1月CASI/6月MP追跡郵送調査

第3章 ミニ・パブリックスにおける発話の分析[千葉涼・日野愛郎]
 1 はじめに:ミニ・パブリックスにおける発話量と態度変化
 2 発話内容の分析
 3 コーディング結果と考察
 4 おわりに
 付録 ミニ・パブリックス(MP)文字起こしデータに関する内容分析のコーディングマニュアル

第4章 知識の獲得[山﨑新・横山智哉]
 1 はじめに:熟慮と熟議がもたらすもの
 2 熟慮・熟議による知識の獲得
 3 熟慮による知識の変化(1月CASIデータ)
 4 熟議による知識の変化(6月MPデータ)
 5 熟議の指標としての知識増加
 6 おわりに

第5章 意見変化[遠藤晶久・横山智哉]
 1 はじめに
 2 1月CASIにおける意見変化
 3 6月MPにおける意見変化
 4 おわりに

第6章 民主的態度の形成[横山智哉]
 1 はじめに
 2 1月CASIにおける視点取得の変化
 3 6月MPにおける視点取得の変化
 4 1月CASIにおける排外意識の変化
 5 6月MPにおける排外意識の変化
 6 おわりに

第7章 熟議空間と公共圏をつなぐ[遠藤晶久・山﨑新]
 1 はじめに
 2 実験デザイン
 3 公共圏から熟議空間へ
 4 熟議空間から公共圏へ
 5 おわりに

第8章 熟慮と熟議:効果の比較検証[今井亮佑]
 1 はじめに:本章の目的
 2 RQI
 3 分析
 4 おわりに

第9章 結論[田中愛治・川出良枝・井柳美紀・西澤由隆]
 1 実証分析の視点から本書を振り返る
 2 規範理論の視点から本書を振り返る
 3 規範的政治理論と実証政治分析の架橋を目指して

エピローグ[田中愛治]
謝  辞
参考文献
事項索引
人名索引
執筆者紹介

このページのトップへ