ホーム > 市民を育てる学校

市民を育てる学校

アメリカ進歩主義教育の実験

市民を育てる学校

「考える市民」を育成するユニークな実験を行った、アメリカ進歩主義学校であるコロンビア大学附属学校の実践とその成果を分析する。

著者、編者、訳者など 佐藤 隆之
ジャンル 教育・心理
ISBN 978-4-326-29928-7
出版年月 2018年4月
判型・ページ数 四六判・344ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

19世紀末頃、コロンビア大学の附属学校であるホーレスマン・スクールでは、デューイの思考教育論やキルパトリックのプロジェクト・メソッドを応用して、子どもの主体的な学びを展開し、市民を育成する試みが行われた。「ニューヨーク市学習」という単元において市民をどう育成しようとしたのか、学校の教育環境も視野に入れ考察する。

このページのトップへ

目次

はしがき

序 章 アメリカ進歩主義教育における市民育成の実験
 一 市民を育てる進歩主義学校
 二 学校全体で取り組む市民育成
 三 「ホーレスマン初等教育研究」という実験
 四 市民育成の原理としての「プロジェクト・メソッド」
 五 市民性プロジェクトの理論と実践――本書の概要

第一章 「主体的市民」を育てる――ホーレスマン初等部における実験
 一 初等部における先駆的試行
 二 遊びながら市民になる――「生活」と「付随」
 三 目的設定による主体性の喚起と展開――市民連盟
 四 クラブ活動で主体性を育む――少年クラブ
 五 目的設定とリーダーシップからみた主体性の含意

第二章 ホーレスマン・スクールの教育環境――市民育成の舞台
 一 環境が刺激する市民育成
 二 校舎と教室の環境
 三 教具が育てる市民――社会的組織を刺激する
 四 ニューヨーク市民を育てる――ニューヨーク市学習
 五 スクール・コミュニティにおける市民育成――講堂の活用
 六 環境を通しての「主体的市民」の育成と課題

第三章 市民性プロジェクトの立案と実践――ロイ・W・ハッチの市民性訓練論(1)
 一 なぜハッチか
 二 ホーレスマン・スクールとハッチ
 三 市民性プロジェクトの原理と実際――プロジェクト・メソッドを応用した歴史
 四 労働プロジェクトの実際
 五 授業の組織と展開
 六 市民性プロジェクトにおける理想の市民

第四章 市民性プロジェクトの理念と過程――ロイ・W・ハッチの市民性訓練論(2)
 一 「市民性の実践による市民性」という評価
 二 付随的市民性学習とプロジェクト・メソッド
 三 ハッチ市民性訓練の理念――“Training in Citizenship”の理念
 四 市民性訓練の過程の分析(1)――「習慣」と「理想」
 五 市民性訓練の過程の分析(2)――「態度」
 六 付随的市民性学習の過程

第五章 市民性の測定と指導――クララ・F・チャセルを中心とする市民性尺度の開発
 一 市民育成と教育測定
 二 ホーレスマン初等教育研究における市民性の測定
 三 通知表の改訂にともなう市民性チャートの作成
 四 市民性チャートの尺度化と課題
 五 市民性尺度開発のその後
 六 市民性尺度か市民性プロジェクトか

第六章 進歩主義の市民性教育論議――実験の背景
 一 ホーレスマン・スクールにおける市民育成の背景
 二 保守的な市民性教育とその方法
 三 市民性教育の再構築
 四 デューイの代案――従順、探究、公開性
 五 市民性教育の理念を求めて――愛国と自立のはざま

終 章 進歩主義教育のなかの「市民を育てる学校」――自発性・付随性‐指導性問題と「よい市民性」
 一 市民性教育の原点としての進歩主義教育
 二 アメリカ進歩主義教育における「よい市民(性)」の教育の本態
 三 「よい市民性」のための自発性とその指導
 四 教育過程における教師の存在
 五 付随を教える
 六 自己推進プロジェクトとしての市民性プロジェクト

あとがき
文 献
索 引

このページのトップへ