ホーム > 自己心理学セミナー

自己心理学セミナー 新刊

自己理解に役立つ13章

自己心理学セミナー

「自分のことをもっと知りたい」「自分の心の健康を保ちたい」「自信がなく人づき合いも苦手」そんな声に応える新しいテキスト。

著者、編者、訳者など 金築 智美 編著
ジャンル 教育・心理
ISBN 978-4-326-25126-1
出版年月 2018年4月
判型・ページ数 A5判・208ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

心理学専攻ではない学生を対象とした講義から生まれた、すべての青年に向けたわかりやすい一冊。大学生や成人を対象とした心理臨床に携わる面々が執筆し、実際の現場で研鑽を積むことで得られた、適応的に生きていくために必要なことを紹介。さらに、様々な心理学的知見と、それを自身の日常に役立てていくための手がかりを提供する。

このページのトップへ

目次

はしがき

第Ⅰ部 自己の探求

第1章 自己とは何か:自己概念[前田綾子]
 1.自己とは何か
 2.自己概念
 3.セルフスキーマ
 4.自己概念・セルフスキーマの機能
 5.自己概念の形成と他者との関わり
 6.自己概念と体験

第2章 自己の適切な評価とは:自己評価・自尊感情[前田綾子]
 1.自己評価
 2.自己評価維持モデル
 3.自尊感情

第3章 自己とパーソナリティ[廣田靖子]
 1.パーソナリティ(性格)とは
 2.自分のパーソナリティを知ろう:エゴグラム
 3.パーソナリティの捉え方:パーソナリティ理論
 4.パーソナリティはどう決まる?:パーソナリティ発達に関連する要因

第4章 ライフサイクルから捉える自己:今までの自己,未来の自己,キャリアを考える[廣田靖子]
 1.ライフサイクルと生涯発達
 2.生涯発達における発達理論
 3.キャリアについて

第Ⅱ部 自己と適応

第5章 ストレスと心の病:ストレス理論,ストレスコーピング,ストレスに関連する心の病[矢澤美香子]
 1.ストレスとは
 2.ストレスコーピング
 3.ストレスに関連する心の病

第6章 不 安[金築優]
 1.不安とは
 2.様々な不安症
 3.不安に関する研究の変遷
 4.さいごに

第7章 抑うつ[金築優]
 1.抑うつとは
 2.抑うつの生物学的側面
 3.抑うつの心理学的側面
 4.抑うつの社会学的側面
 5.さいごに

第8章 眠りと心身の健康[金築智美]
 1.眠りと生理的反応
 2.眠りにみられる異常
 3.睡眠を調えていくために

第Ⅲ部 自己を支えるリソースを育む

第9章 コミュニケーションスキルを学ぶ[林潤一郎]
 1.コミュニケーションについて学ぶ意義
 2.コミュニケーションとは
 3.よい聴き手になるための前提となる心構え
 4.コミュニケーションスキルのレパートリー
 5.さいごに

第10章 考え方の癖を知る:認知行動療法[金築智美]
 1.悩みが生じるのには理由がある!?
 2.認知行動療法とは
 3.認知行動療法における3つの認知的アプローチ
 4.認知行動療法の新しい流れ:マインドフルネス

第11章 心を筆記する[金築智美]
 1.心の扉を開く:自己開示とは
 2.自己開示が対人関係に果たす役割
 3.自己開示と心身の健康
 4.心を筆記する方法:筆記開示法,ロールレタリング

第12章 アサーション力を高める[矢澤美香子]
 1.アサーションとは
 2.問題解決のステップ
 3.問題解決にアサーションを活かす

第13章 リラクセーションスキルを獲得する:呼吸法,漸進的筋弛緩法[林潤一郎]
 1.リラクセーションを学ぶ意義
 2.ストレス反応としての緊張(覚醒)とリラクセーションの関係
 3.リラクセーションスキルの代表例とそれぞれの着眼点
 4.呼吸法
 5.漸進的筋弛緩法
 6.さいごに

引用文献
索 引

このページのトップへ