ホーム > 政治学のリサーチ・メソッド

政治学のリサーチ・メソッド

政治学のリサーチ・メソッド

すぐれた論文を書くノウハウとは? 全米の大学で使われている定番テキストをついに完訳。社会科学方法論のエッセンスを伝授します。

著者、編者、訳者など スティーヴン・ヴァン・エヴェラ
野口 和彦
渡辺 紫乃
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-30180-5
出版年月 2009年7月
判型・ページ数 A5判・160ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

アメリカの大学で広く読まれている方法論の教科書Guide to Methods for Students of Political Science を完訳。「変数ってなに? 事例研究ってどうやるの?」といった疑問に簡潔に答え、一歩進んだ論文の書き方を手ほどきする。社会学や経済学にも使える、プロの研究者から大学生にまで向けた実践用テキスト。

このページのトップへ

目次

著者/訳者紹介
はじめに

第1章 仮説、法則、理論――読者への道案内――
 理論とは何か
 具体的な説明とは何か
 よい理論とは何か
 理論はどのようにしてつくられるのか
 理論を検証するにはどうすればよいのか
 強力な検証か弱い検証か――予測と検証
 理論を検証するのに役立つヒント
 具体的な出来事はどうやって説明できるのか
 方法論の神話

第2章 事例研究とは何か――何をどのように進めればよいのか――
 事例研究の視点
 事例研究を使った理論の検証
 事例研究を使った理論の構築
 事例研究からの先行条件の推論
 事例研究を使った先行条件の検証
 事例の説明
 強力な検証か弱い検証か――予測と検証
 矛盾する結果の解釈
 事例選択の基準
 
第3章 政治学の博士論文とは何か

第4章 政治学の博士論文を書くために役立つヒント
 テーマの選択
 論文構成
 博士論文の研究計画書
 序  章
 終  章
 研究デザインとプレゼンテーション――知識を蓄積するための規範の遵守
 執  筆
 書  式
 ほかの人に読んでもらうこと
 要  旨
 博士論文委員とのつきあい方
 気力の維持,家族や友人とのつきあい方
 博士論文の書き方についてもっと知るためには

第5章 博士論文の研究計画書

第6章 職業倫理

付録 論文の書き方
 一般的なフォーマット
 序論のフォーマット
 結論のフォーマット
 論  証
 執  筆
 ほかの人に読んでもらうこと
 仕上げにあたっての一般的な助言
 論文の書き方についてもっと知るためには

訳者あとがき
訳者による文献ガイド
参考文献
事項索引
人名索引

このページのトップへ