ホーム > 公共選択の研究 第52号

公共選択の研究 第52号 [公共選択の研究]

公共選択の研究 第52号

経済と政治の接点における様々な問題を研究し、その理論と現実への適用を図る学術研究誌。

著者、編者、訳者など Public Choice Studies編集委員会
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-93348-8
出版年月 2009年7月
判型・ページ数 B5判・76ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

巻頭言
 国際秩序の公共選択[奥井克美]

論文
 ダウンズ・モデル、中位投票者定理と政党の政策実施能力[岡崎哲郎]
 育児支援施策をめぐる自治体間財政競争――都道府県別クロスセクションデータを用いた実証分析[田中宏樹]

研究ノート
 資金循環の変化の分析による財投改革の評価[ヒョンソク]

PC研究会報告
 観察的学習と社会規範の生成:インターネット実験による分析[佐々木俊一郎]
 公共選択におけるゲーム理論リテラシー[小澤太郎]

コミュニケーションズ
 公共選択における合理的行動仮説の意義と限界[小澤太郎]

書評
 駒村康平著『大貧困社会』[堀真奈美]
 北村亘著『地方財政の行政学的分析』[伊藤穣]

案内

このページのトップへ