ホーム > 「くらし」の時代

「くらし」の時代

ファッションからライフスタイルへ

「くらし」の時代

服はもうファッションではない。朝食。ランニング。グランピング。ブックカフェ。なぜ、「ていねいなくらし」が流行しているのか。

著者、編者、訳者など 米澤 泉
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-65413-0
出版年月 2018年2月
判型・ページ数 四六判・260ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

人々はなぜ、「着る」ことに対する情熱を失い、「食べる」ことや「くらす」ことに価値を見いだし始めたのか。なぜ、ライフスタイルを重視するようになったのか。虚栄に満ちたファッション消費から、一見豊かで上質な「くらし」の消費へ。本書は人々を表層的にエシカルで正しい消費に導く「くらし」の時代であることを明らかにする。

このページのトップへ

目次

はしがき

序 章 Jファッションの登場──「ユニクロでよくない?」
 1 Jファッションとは何か
 2 「Life Wear」としてのユニクロ
 3 本当にユニクロでよいのか?

第一章 なんとなく、エシカル──エシカルなファッション
 1 「ミセスオーガニックさん」って誰なんだ
 2 美──オーガニックコスメ
 3 衣──オーガニックコットン
 4 食──オーガニックフード
 5 エコロジーとロハス
 6 なんとなく、エシカル

第二章 ヘルシーなファッション──スニーカー、ランニング、グランピング
 1 ウェディングドレスでもスニーカー──JJガールとコンバース
 2 走る女は美しい
 3 私をキャンプへ連れてって──限りなく都会的な「自然」生活

第三章 インテリジェントなファッション──本に囲まれて眠りたい
 1 本がいちばん「オシャレ」な時代──行列のできる本屋さん
 2 ブックテーマパークとしての蔦屋書店
 3 松丸本舗とMUJI BOOKS
 4 「インテリしてる。」から「インテリアしてる。」へ──「家具の書籍」

第四章 ライフスタイルというファッション──ていねいなくらしという呪縛
 1 ライフスタイル誌の広がり
 2 『暮しの手帖』と二人の編集長
 3 ていねいなくらしという呪縛──くらしのきほんと「Life Wear」

終 章 「くらし」の時代──ファッションからライフスタイルへ
 1 『REAL SIMPLE JAPAN』はなぜ受け入れられなかったのか
 2 「くらし」の時代──ライフスタイル・ショッピング!
 3 「くらし」の時代において服を着るということ

あとがき
参考文献
索 引

このページのトップへ