ホーム > 電力と政治 下

電力と政治 下 これから出る本

日本の原子力政策 全史

電力と政治 下

圧倒的総括! 迫真のドキュメント! 戦後政治の「暗黒面」を凝縮した国策をあますことなく伝える。将来を展望するための2巻本。

著者、編者、訳者など 上川 龍之進
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-35173-2
出版年月 2018年2月
判型・ページ数 四六判・360ページ
予価 本体3,600円+税
 

内容説明

福島第一原発事故から7年が経とうとしている。この間、戦後の電力・エネルギー政策、とりわけ原子力政策の何が明らかになったのか? そして事故後、事態はどう動いていったのか? なぜ電力自由化の改革は急速に進み、脱原発は後退したのか? とは言えなぜ自民党は原発再稼動を思うように進められないのか? 政治学であざやかに読み解く!

このページのトップへ