ホーム > 職務発明の実務Q&A

職務発明の実務Q&A [勁草法律実務シリーズ] これから出る本

職務発明の実務Q&A

平成27年改正特許法において職務発明制度はどのように運用され、実務上問題となる点はどこか、Q&A、裁判例、書式で解説する。

著者、編者、訳者など 髙橋 淳 編著
松田 誠司 編著
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-40348-6
出版年月 2018年2月
判型・ページ数 A5判・350ページ
予価 本体4,500円+税
 

内容説明

平成27年改正特許法(平成28年4月1日施行)における実務の指針となるべく、職務発明制度を丁寧に概観したうえで、いかなる運用が許容されているのか及びあるべき運用とは何かを詳説し、関連する裁判例を紹介、より具体的な悩みどころについてQ&Aで道筋を示す。さらに、職務発明規程等の書式も提供する、「実務で使える」解説書!

このページのトップへ