ホーム > 西ネパールの憑依カルト オンデマンド版

西ネパールの憑依カルト オンデマンド版 [オンデマンド出版]

ポピュラー・ヒンドゥーイズムにおける不幸と紛争

西ネパールの憑依カルト オンデマンド版
著者、編者、訳者など 安野 早己
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-98272-1
出版年月 2017年9月
判型・ページ数 A5判・410ページ
定価 本体7,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 

内容説明

この書籍はオンデマンド版になります。オンデマンド本は通常の書籍とは異なりますので、初めての方はこちらをご覧下さい

西ネパールのカルナリ流域に固有の神々のうち、マスト神は人間界に介入し、ダミという霊媒のうえに顕現すると信じられている。本書は、調査をもとに、神々の介入の論理や人間による神格への接触のプロセスを明らかにする。ヒンドゥー社会のなかで神の介入は、科罰・苦行、浄化、神裁などの紛争解決手段として制度化されている。相続、かけおち、死、魔女などの具体的な問題について、神はどのようにたちあらわれ、どのように問題を解決していくのか。詳しい実地調査にもとづいて憑依カルトをポピュラー・ヒンドゥーイズムのなかに位置づけた。(2000年4月第1版第1刷発行)

このページのトップへ

目次

Ⅰ 課題と分析視角

第1章  ポピュラー・ヒンドゥーイズムにおける憑依カルトの位置づけ
第2章  西ネパールにおけるカストブラーマン

Ⅱ 紛争

第3章  誘拐、駆け落ち、近親相姦
第4章  土地相続をめぐる争い

Ⅲ 不幸

第5章  横死者の霊を宥める
第6章  魔女信仰
第7章  星の障りを断つ

Ⅳ 顕現する神

第8章  マトス神、信徒集団とダミ
第9章  マトス神の俗界への介入と巫儀

Ⅴ 隠れた神

第10章 女神とブラーマン
第11章 西ネパールの聖地巡礼
終章   道徳違反と償いの可能性

あとがき
引用文献
索引

このページのトップへ