ホーム > 応用経済学の課題と展開

応用経済学の課題と展開 [現代経済学研究]

応用経済学の課題と展開

日本応用経済学会へと発展・解消した旧西日本理論経済学会による最後の報告集。応用経済学への架橋を試みる。

著者、編者、訳者など 時政勗
細江 守紀
ISBN 978-4-326-93394-5
出版年月 2009年6月
判型・ページ数 A5判・184ページ
定価 本体4,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

政治家と官僚の権限配分の比較経済分析[細江守紀・金崎雅之]

自治体合併における選挙と特定利益団体[金崎雅之]

三層構造下の最適所得税について[佐藤秀樹]

Rank Order of Universities and Educational Investment[堀宣昭]

定期借家制度の導入と家賃分布[佐藤茂春]

資本・熟練補完と集計要素代替――労働移動を考慮して[大住康之]

異時点最適化マクロ経済モデルから得られる均衡体系[板倉理友]

流動性の罠についての一研究[本田廣實]

ジャワ島家計の利他的消費行動――疑似パネルデータを用いた消費保険仮説の検証[新谷正彦]

中国各地域、日本、韓国間のSO2排出権取引の便益推定[羅朝暉・時政勗]

このページのトップへ