ホーム > 転げ落ちない社会

転げ落ちない社会 これから出る本

困窮と孤立をふせぐ制度戦略

転げ落ちない社会

今日の日本社会に広がる困窮や格差、孤立の問題にいかに取り組んでいくべきか。日本社会にとり喫緊の課題に新たな視点から提言する。

著者、編者、訳者など 宮本 太郎 編著
ジャンル 福祉・医療
ISBN 978-4-326-65412-3
出版年月 2017年10月
判型・ページ数 四六判・320ページ
予価 本体2,500円+税
 

内容説明

貧困については、原因とその対処法、子ども・高齢者・非正規(特にシングルマザー)の貧困の実態、生活保護制度と社会保障制度の境界を探る。格差については、教育・所得・雇用・社会保障・住宅の格差の実態とその是正策を探る。さらに貧困解消と格差解消は同時並行的に行えるのか、優先順位はあるのか。これらの課題に社会福祉・社会保障の専門家が大胆に提案する。

このページのトップへ