ホーム > ジェンダーとセクシュアリティで見る東アジア

ジェンダーとセクシュアリティで見る東アジア これから出る本

ジェンダーとセクシュアリティで見る東アジア

東アジアの性、家族、社会。何が変わり何が変わらなかったのか? 2000年代以降の状況を気鋭の研究者が新たな視角から切り込む。

著者、編者、訳者など 瀬地山 角 編著
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-60298-8
出版年月 2017年10月
判型・ページ数 A5判・320ページ
予価 本体3,500円+税
 

内容説明

東アジアの急激な少子化は20世紀には想像もつかないものであった。日本・韓国・台湾・中国・北朝鮮、これらの社会では、何が共通で、何が異なるのか、そして何が変わったのか。ジェンダーとセクシュアリティの側面から比較し、日本の「特殊性」をあぶり出す。最先端の研究が切り拓く日本の、そして東アジアの「性」をめぐる課題とは?

このページのトップへ